• connectionfukui

溶融メッキ法

日本規格協会からの抜粋です。


溶融メッキ法とは、めっきしようとする物を溶融金属中に浸せきして、表面に金属皮膜を形成する方法。


溶融メッキといえば溶融亜鉛メッキ(ドブメッキ)が一般的ですが、電気亜鉛メッキなどに比べ非常に厚膜で皮膜が形成でき、耐食性に優れたメッキ処理です。


溶融亜鉛メッキは熱で溶かした亜鉛中に素材を入れてメッキする方法を溶融亜鉛メッキと言い鉄鋼の構造物の厚付メッキに使用されています。


この方法では1回の浸漬で亜鉛メッキ皮膜が50μm程度処理され、電気亜鉛メッキのようにメッキ厚さの調節ができないし、熱処理による素材への悪影響もあります。亜鉛の溶融温度は419℃です。


弊社ラインナップには掲載しておりませんが、溶融亜鉛メッキ、電気亜鉛めっきともに

対応可能です。


溶融亜鉛メッキ、電気亜鉛メッキのご相談はこちら

https://www.connection-fukui.com/contacts



溶融亜鉛メッキ ドブメッキ

0回の閲覧

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などありましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。