top of page
チタン素材

チタン素材への硬質クロムめっき

​チタン素材の詳細

チタン材料の特徴

  • ​軽い(比重4.51で、銅の約1/2、鉄の約60%という軽さです。)

  • 強い(重さあたりでは、アルミニウムの約3倍、鉄の約2倍の強度です。)

  • サビにくい(チタンは、海水中では、白金に匹敵する耐食性を発揮します。)

  • 金属アレルギーなどを起こしにくい、人体にやさしい安全な金属

  • 国土交通省から不燃材料として認定

チタンは、本来持っている特性を活かしつつ、アルミニウム、バナジウム、パラジウム、モリブデン、クロム、ニオブなどを添加することにより、機械的・物理的・化学的な性質をいちだんと高めた合金もつくられ、先端製品、未来技術の開発に不可欠な材料として用いられています。

純チタンやチタン合金の部品で焼き付き(摩耗性)など困っていませんか?

純チタンやチタン合金は同種金属と焼付きを起こしやすく、摩耗性が劣るという欠点があります。

チタンでシャフトを製作しますと、摺動部の摩耗性が悪く部品として長期使用ができないなど不都合があります。そんな時には必要部に硬質クロムめっきを施す事で解決できる可能性があります。


チタン材料に硬質クロム200μm実績あり

チタン素材に部分的に硬質クロムめっきを施しました。 硬質クロムめっき後に仕上げ研磨を行い表面粗さ測定時の画像です。

チタン素材に部分的に硬質クロムめっきを施しました。
硬質クロムめっき後に仕上げ研磨を行い表面粗さ測定時の画像です。

お気軽にご連絡下さい。ご相談、お見積りは無料です。

​(受付時間 9:00〜18:00)

お電話でのお問い合わせはこちら

bottom of page