陽極酸化『アルマイト』処理

 

A2017材への陽極酸化『アルマイト』処理対応可能です。

PFOS・PFOAフリー及びRoHS規制にも対応しています。

陽極酸化皮膜(アルマイト)とは、アルミニウムを陽極(+極)で電解処理して人工的に酸化皮膜(Al2O3)を生成させる表面処理のことです。

陽極酸化皮膜処理は、日本が誇る世界的な技術で、電解液の種類・濃度・温度・電流密度などの電解条件などでシルバー、ゴールド、黒など色の表現や(発色・着色)、表面を硬くすることで耐摩耗性などを付与させることができます。

陽極酸化『アルマイト』の詳細

アルミニウムを陽極として硫酸やシュウ酸、クロム酸などの電解液中で電解することで表面に厚い酸化皮膜(Al2O3)が生成されます。これをアルミニウムの陽極酸化皮膜(アルマイト)と呼んでいます。

アルミニウムの陽極酸化(アルマイト)はアルミニウム素材にしか処理ができませんが、装飾、防食、耐摩耗など色々な目的に用いる事ができます。​

装飾や防食目的の場合には5~10μm程度、耐摩耗性を目的とする場合には10~100μmまで処理を施す場合がございます。​

陽極酸化皮膜は耐食性に優れているだけではなく、電気絶縁体であることや、硬度が高く耐摩耗性に優れた特徴があります。​

アルマイトの皮膜硬度

白アルマイト(着色アルマイト)Hv250程度​、陽極酸化の着色(着色アルマイト皮膜)はアルミニウムの陽極酸化皮膜成膜時に酸化アルミが微細な細孔(100~300Å)を形成する構造となっているため、この孔に種々の物質を充填することでカラーリング(着色)を行う事が可能です。

アルミニウムの陽極酸化皮膜の断面イメージ図

皮膜はハニカム構造(蜂の巣)になっており、中心にポアと呼ばれる微細な孔が形成されます。

着色アルマイトの場合にはこの微細孔の中に

染料などを入れ抜けないように微細孔に蓋(封孔処理)を行うことで着色を行います。

1.jpg

​カラーバリエーション

基本色15色ご用意致しております。

調色で中間の色なども表現できます。

ご希望の色をお聞かせ下さい。

陽極酸化 アルマイト

処理可能サイズ

板形状であれば、深さ450×横幅450㎜まで処理対応可能です。

処理可能材質

アルミニウム(A1000系、A2000系、A3000系、A5000系、A4000系、A6000系、A7000系)

製品の部分的なマスキング対応可能です。

​研磨工程も対応可能です。

​耐食性データ

アルミニウム陽極酸化、アルマイト耐食性データ

A:容器として可

B:短時間であれば使用可

C:使用不可

アルミニウムの導通性テスト

陽極酸化皮膜(アルマイト)のJIS表記

2.jpg

JIS H8601はアルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化皮膜に関する全般的な規格であり、品質及び試験方法を規定する。

陽極酸化皮膜『アルマイト』のJIS表記、耐食性試験(アルカリ滴下試験、起電力測定試験)、耐摩耗試験(砂落とし摩耗試験、噴射摩耗試験、往復運動摩耗試験)の詳細です。

 
Working on Computer_edited.jpg
ご質問回答
 01  

Q. ブラスト処理が施されたアルミニウム合金(A7075材)にテフロン硬質アルマイト処理は可能でしょうか?

A. テフロン硬質アルマイト処理対応可能です。膜厚は20μm程度で宜しかったでしょうか?

 02 

Q. アルミニウム合金(A1100)に金メッキ、銀メッキ、アルマイトそれぞれ対応可能でしょうか?

A. A1100に金メッキ、銀メッキ、アルマイト加工それぞれ対応可能ですが、金メッキ、銀メッキはアルミニウム合金に直接加工はできませんので、下地にニッケルめっきを施してから各目的のめっき加工となります。

 03 

Q. アルミニウム材料(A6061)に黒色アルマイトを施したものを使用していますが、ネジの開け締めを行う工程があり、摩耗してコンタミの原因になるため摩耗を抑えたい。

A. A6061に黒色硬質アルマイトにて皮膜硬度を高める事で摩耗につきまして抑制できる可能性がございます。また、仮に黒色硬質アルマイトでももの足りない場合は、更に皮膜硬度を高めた黒色超硬質アルマイトもご用意致しておりますので、ご評価頂けると幸いです。

 04 

Q. 次の製品につきまして着色アルマイト(赤)の処理対応可能でしょうか?

材質:A5052

寸法:500×130×70

A. 材質、サイズ共に処理対応可能です。

図面などの詳細形状のわかるものを頂けると確認させて頂きます。

 05 

Q. 添付図面の内容について数量1個処理のお見積りお願いします。
材質:A6061アルミ
処理:Anodized AA20 Black ISO 7599

A. 処理対応可能でございますのでお見積り書をご提示させて頂きます。

 06 

Q. MILスペックのアロジン#1000(MIL-DTL-5541F クラス3)の加工対応可能でしょうか?

材質はアルミニウム材(A1100、A6061、A7075)になります。

A. アルミニウム材(A1100、A6061、A7075材など)へのアロジン#1000(MIL-DTL-5541F クラス3)処理対応可能です。
品物のサイズはどのくらいになるでしょうか大きさによっては弊社では出来かねる場合がございます。

 07 

Q. 図面にAnodized AA20 Black iso7599と記載されておりますが、表面処理対応可能でしょうか?

A. 図面指示のAnodized AA20 Black iso7599とはアルミニウムの陽極酸化「アルマイト」20μm以上の黒色=黒色アルマイト20μm以上ということになります。詳細はこちら

 08 

Q. アルミニウム材(A2011材)にクロム酸塩皮膜(アロジン#1000、アロジン#1200)対応可能でしょうか?
 

A. アルミニウム材(A2011材)にアロジン#1000、アロジン#1200共に処理対応可能です。

 09 

Q. アルミニウム素材(A5052)にアルマイト処理が施されている製品がありますが、アルマイト処理を剥離することは可能でしょうか?素材を極力粗さずできますか?

A. アルミ素材を極力粗さずアルマイト処理を剥離対応は可能ですが、アルマイト処理自体がアルミニウムを溶解しながら成膜する方法ですのでアルマイト処理を行っていることでアルミニウム素材が侵食されております。

​サイズ的に制限がございますので、製品サイズ等を教えて下さい。

 10  

Q. 部分的にアルマイトを施したいのですが、マスキングなど対応可能でしょうか?

A. アルマイト処理にマスキング対応可能です。

​形状などわかる図面など送って頂ければ処理の可否を確認させて頂きます。

 11  

Q. アルミニウム素材(A5052)をアルマイト処理のステンカラーは対応可能でしょうか?

A. A5052材へのアルマイト処理+ステンカラー対応可能です。

 12  

Q. 耐熱クラックレスアルマイトは可能でしょうか?

A. 弊社の耐熱クラックレスアルマイトは温度130℃まではクラックレスですが、それ以上になりますとクラックが発生致します。

 13 

Q. アルミ素材(A5052)につや消しのアルマイト処理を施すことは可能でしょうか?

A. アルミ素材(A5052)につや消しのアルマイト処理の対応可能です。

​つや消しの方法はショットブラストでのつや消し、処理液でのつや消しを選択頂けます。

 14 

Q. 小さな製品が大量にあるのですが、カゴなどでアルマイト処理することは可能でしょうか?

A. アルマイト処理はアルミの陽極酸化を外部電源を利用して処理を行うのですが、製品に電気(+極)を流す必要があります。

電気自体はカゴでも流すことが可能なのですが、アルマイト皮膜は絶縁皮膜であるため、皮膜が生成された箇所は電気が流れなく

なります。通電が途中で途切れてしまう状態となり、アルマイトの生成されている部分とアルミ素材の露出している部分が存在

してしまう状態となりえるため弊社ではカゴなどでの対応ができません。

​一つ一つ製品をチャッキングしての処理となります。

 15 

Q. アルミニウムの材質が確定していないのですが、A5056、A2017、A6061、A7075の4種類の材質の場合で、

三価クロムの化成処理は対応可能でしょうか?

A. ご相談頂きましたアルミニウム4種(A5056、A2017、A6061、A7075)共に三価クロムの化成処理対応可能です。

 16 

Q. 着色アルマイト処理を考えているのですが、材料調達~機械加工、着色アルマイトまで一貫で対応可能でしょうか?

また、製品のデザインも相談したいのですが対応可能でしょうか?

A. 製品のデザインに関してはどこまでご希望に添えるか不明ではありますが、デザイン製作、材料調達~機械加工、着色アルマイト

​処理まで一貫で対応可能です。

ロゴ.jpg

株式会社コネクション

メッキ加工、コーティング、研磨、熱処理などお気軽にご連絡下さい。

​ご相談、お見積りは無料です。

​〒910-3635 福井県福井市志津が丘4-202-5(Japan)

​受付時間 9:00~18:00      直通電話 090-6819-5609

Science_edited.jpg