ニッケルメッキ処理

 

ニッケルメッキは、1843年に硫酸ニッケルと硫酸アンモニウムの浴からニッケルを析出させた事がはじめと言われています。

実際に工業的にニッケルめっきが行われたのは1869年のAdamsが初めてとされています。

その後Westonによるホウ酸の添加、光沢剤としてのカドミウムの使用、アノード溶解促進剤としての塩化物の使用など多くのめっき浴が考案されました。

ニッケルメッキは耐食性がよく、機械強度も優れています。

その事からニッケルめっきは装飾めっき、機能めっき(耐熱性、耐摩耗性、ハンダ付け性)など幅広く使われております。

​電気ニッケルメッキの特徴

電気メッキで得られるニッケルメッキ皮膜は添加剤などの条件で大きく異なりますが、無光沢ニッケルメッキでHV200~250程度、光沢ニッケルメッキでHV400~500程度の硬さで無電解ニッケル皮膜に比べて皮膜硬度が低くなりますが、外観性に優れ、意匠性目的や機能性目的などの下地メッキとして重宝されております。

外部電源を用いて処理する方法なので、電流の集中しやすい角部は膜厚が厚くなりやすく、凹みなどの電流が届きにくい箇所は膜厚が薄くなりやすい処理となりますので、製品設計をされる際には注意が必要です。​

ニッケルめっきは引張応力を示しています。

精密機器(カメラ機構部品)

自動車部品(装飾品の下地など)

電子部品

化学装置(フッ化水素の容器))

その他(食品、医療器部品、航空機)

電気ニッケルめっき皮膜の特性

 

電気ニッケルめっき皮膜の処理可能サイズ

A4サイズまで処理実績がございます。

※可能なサイズに関しましてはお気軽にご相談ください。

電気ニッケルめっき皮膜の処理可能材質

鉄鋼、ステンレス、アルミニウム(A1000番、A2000番、A3000番、A4000番、A5000番、A6000番、A7000番)、銅・銅合金、チタン、βチタン、形状記憶合金など対応可能です。

その他の材料についてはご相談下さい。

製品の部分的なマスキング対応も可能です。

​研磨工程も対応可能です。

​ニッケルメッキについてご質問頂いた内容と回答をご紹介しております。

JIS H8626は、鉄鋼及び非鉄金属素地上に工業用の目的で行った、有効面のニッケルめっき及び電鋳ニッケルの有効面について規定する。

電気ニッケルメッキ

無電解ニッケルメッキ

ニッケルメッキと一言で言いましても大きく分けて2種類(電気ニッケルメッキ、無電解ニッケルメッキ)がございます。

実際何が違って目的に対してどちらを選んだらいいのか、どんな特性があるのかなどわかりにくいかと思います。

ニッケルメッキで比較される電気ニッケルメッキと無電解ニッケルメッキを比較してみました。

詳しくは下のボタンをクリックして下さい。

最新ブログ情報ー​メッキ加工
イメージ.jpg

​お問い合わせ

表面処理加工(メッキ処理、コーティング、研磨、熱処理など)のご相談はメール、お電話にてお気軽にご連絡ください。

​ご相談、お見積りは無料です。

​受付時間 9:00~18:00      直通電話 090-6819-5609