バフ研磨処理

 

バフ研磨とは布やフェルトで作られたバフを用いて金属などの表面を仕上げるために行う研磨方法の一種です。

バフ研磨はめっきの研磨作業として欠くことのできないもので、目的の表面状態に仕上げる工程です。

例えばレベリング(平滑性)のよいめっきを処理するさいにはどのくらいの研磨面がめっきのレベリング作用により平滑になり、どの程度の傷がレベリング作用で埋まらないかということを十分に知って処理する必要があります。

バフ研磨は加工時についたバリや傷を除去したり、表面の平滑度を上げるといった効果もあります

バフ研磨の詳細

バフ研磨は「研磨剤」を、回転しているバフに塗布して研磨を行います。

金属磨き『バフ研磨』は、職人が1つ1つ手作業で磨き上げる事で細かな傷を取り除きます。

一般金属からアルミダイキャストや亜鉛ダイキャスト、チタンなどの難素材も綺麗に仕上げます。

個人の1点物でも対応いたしますので、お気軽にご相談下さい。

樹脂材料も磨く事が可能ですのでご相談下さい。

​他社でバフ研磨した製品の洗浄のみも対応しております。(研磨カス除去、バフカス除去)

​バフ研磨実績サイズΦ22×1327スクリューシャフト

研磨前(SUS304)                   バフ研磨後(1000番仕上げ)

処理可能サイズ

持つ事ができるサイズであれば基本的に対応可能ですが、形状によって磨きが対応できないものもございますので、サイズの詳細につきましてはご相談下さい。

電解研磨、バフ研磨についてご質問頂いた内容と回答をご紹介しております。

 
最新ブログ情報ー​メッキ加工

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご質問、ご相談はお問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00      直通電話 090-6819-5609