金メッキ処理

 

金めっき(24Kめっき)は最大膜厚10μmまで処理実績がございます。

金は古来より金杯や装飾品として利用されており、紀元前1200年頃にはエジプトにおいて金箔の製造が始まったと言われています。

金めっきは古くから仏像などに施されていましたが、水銀を用いたアマルガム法により行われたものでした。

電気めっきは1800年頃にボルタ電池を利用して行ったのが初めてとされています。

JIS規格では金めっきは金含有率が99.9%以上の電気めっき、金合金めっきは金含有率が58.5%以上99.9%未満の電気めっきと区分されています。

一般に軟質である純度の高い純金めっきは軟質金めっき、硬度の高い金の合金めっきは硬質金めっきと呼ばれています。

メッキの詳細

1266216_s_edited.jpg

金メッキは耐食性に優れ、電気抵抗は銀の次に小さく、熱伝導も良好で高温でも使用できるなど、信頼性につながる優れた特性をもっていることと、さらにシリコンと共晶による接合が可能です。

ある時期までは工業用、装飾用の区分は厚さにより区分されていましたが、現在装飾用でも10μm程度の厚付が行われているので、極めて薄いもしくは、色調を重視するものが装飾用といえるほかは明瞭には区分できなくなりました。

 

金メッキは主に意匠目的(デザイン性)で使用される事が多い処理です。

仏具、眼鏡フレーム、ネックレス、指輪、金具など様々なものに使用されています。

 

​また、極めて高い耐食性低い接触抵抗を兼ね備えた金属であり、プリント基板、電子部品、半導体にも利用されています。

装飾目的のめっきはニッケルアレルギーが課題になりますが、最上層に金や銀などの貴金属めっきを施したとしても下地めっきの成分が溶出する可能性があるため、ヨーロッパでは装身具へのニッケルめっきの使用が禁止されています。

ニッケルフリーではありませんが、長年装飾関係への金めっきの経験からアレルギーに対応した装飾目的の金めっきを施すことができ金属アレルギーを持っておられる方にも貴金属めっきを楽しんで頂けます。

純金めっきの硬さはHV60~100と柔らかい皮膜で、光沢剤の添加で微量の銀や有機物を加えたものではHV110程度の硬さ、その他にアミン化合物のような光沢剤もしくはニッケル、コバルトなどの金属塩の添加によりHV200近い硬質皮膜が形成されます。

Au-Cuなどの合金メッキの場合、析出状態ではHV200程度ですが熱処理することでHV400程度に硬化します。

金メッキの種類

純度が5種類(24K、22K、18K、14K、10K)あり純金と呼ばれるものは24Kとなります。

金メッキの色は合金比率、配合金属の種類

(コバルト、ニッケルなど)によって異なってきます。

​色につきましてはご相談ください。

(金含有率)

14K・・・56.3~60.3%

18K・・・72.9~77.0%

22K・・・89.7~93.7%

24K・・・98%以上

処理可能材質

鉄、ステンレス、アルミニウム、銅・銅合金その他の金属材料、樹脂材料についても下記のお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

製品の部分的なマスキング対応可能です。

​研磨工程も対応可能です。

処理可能サイズ

板形状であれば、A4サイズ程度まで処理可能です。

サイズの詳細につきましてはご相談下さい。

金メッキ断面.jpg
 
Working on Computer_edited.jpg
ご質問回答
 01  

Q. ステンレス材料に金色の処理は可能でしょうか?

A. ステンレスへの金色対応可能です。方法としまして金メッキ、チタンコート、クリアシルバなど色々方法がございます。使用方法などお聞かせ頂けると目的に応じた金色をご提案させて頂きます。

 02 

Q. アルミニウム合金(A1100)に金メッキ、銀メッキ、アルマイトそれぞれ対応可能でしょうか?

A. A1100に金メッキ、銀メッキ、アルマイト加工それぞれ対応可能ですが、金メッキ、銀メッキはアルミニウム合金に直接加工はできませんので、下地にニッケルめっきを施してから各目的のめっき加工となります。

 03 

Q. 真鍮材での試作品になりますが、シルバー色、ゴールド、ピンクゴールドめっきは可能でしょうか?

また、本製品は銀素材になりますが、シルバー色、ゴールド、ピンクゴールドめっき対応可能ですか?

A. シルバー色との事ですので、装飾クロムめっき(ニッケルクロム)が宜しいかと思います。

​真鍮素材、銀素材ともに装飾クロム、ゴールド(金めっき)、ピンクゴールドめっき処理対応可能です。

 04 

Q. 鉄素材にニッケルメッキが施されているホックピンという製品なのですが、古美色(くすんだ真鍮色)を表現することは可能でしょうか?

A. ニッケルメッキされた製品に古美色(くすんだ真鍮色)を表現することは可能です。

 05 

Q. 鉄系の材料や銅系の材料に金メッキを検討しておりますが、擦れる部分での使用となりますが偽物金メッキは避けたいのですが

対応可能でしょうか?

A. 金メッキをご検討のことで対応可能でございます。

擦れる部分との事で、純金メッキでは柔らかい皮膜のため摩擦により摩耗してしまうため、硬質金メッキ(金をベースとした合金メッキ)が宜しいかと思われます。

ベースは金メッキですので、他の金属に比べると摩耗には弱い皮膜となりますが、純金メッキに比べ硬い皮膜になりますので、金メッキでありながら摩耗を減らすことが可能です。

 06 

Q. 金メッキを他社で処理してもらったのですが、膜厚が足りないため金メッキを追加で処理したいのですが金メッキの上の金メッキは対応可能でしょうか?

A. 金メッキ上の金メッキは密着性を確保するために特殊な前処理を行う必要がありますが対応可能です。

現行の金メッキが厚膜でなければ金メッキのみを剥離して再度金メッキを処理させて頂く形が宜しいかと思います。

 07 

Q. アルミニウム素材に金メッキが施されているのですが、剥離して頂き再加工した後再度金メッキを施したいのですが、金メッキを剥離することは可能でしょうか?

A. アルミニウム上の金メッキにつきまして剥離可能です。

​追加工して頂いた後再加工可能ですのでご検討下さい。

 08 

Q. 部分的に金メッキを施したいのですが、マスキングなど対応可能でしょうか?

A. 金めっきマスキング対応可能です。

​形状などわかる図面など送って頂ければ処理の可否を確認させて頂きます。

 09 

Q. ALLOY36(36インバー:オーステナイト系の鉄—ニッケル二元合金)に金メッキの対応は可能でしょうか?

膜厚も2μm以上で処理を希望ですが厚膜での対応も可能でしょうか?

A. ALLOY36(インバー36)に金メッキ対応可能です。

​また、厚膜での対応も可能です。

 10 

Q. 真鍮切削品にEp-Cu/Ni-P5b,E-Au0.03bと記載されていますが対応可能でしょうか?

A. Ep-Cu/Ni-P5b,E-Au0.03bは銅系の材料に電解のNi-P5μm以上、工業用金メッキ0.03μm以上となりますが、電解のNi-Pメッキは取り扱いがございませんので、無電解ニッケル(Ni-P)で宜しければ対応可能です。

 11  

Q. アルミニウム素材(A5052)に純金メッキ(24k)を施したいのですが対応可能でしょうか?

金メッキの膜厚は出来る限り薄膜希望です。

A. アルミニウム素材への純金メッキですが、直接純金メッキを施す事ができませんので、下地にニッケルメッキを施してからの

純金メッキで宜しければ対応可能です。

​下地のニッケルメッキは5μm程度、純金メッキ0.03μm程度が標準となります。

​膜厚などの詳細は別途ご相談できればと思います。

 12  

Q. HPM77(快削プリハードン鋼)に純金メッキ(24k)を施したいのですが対応可能でしょうか?

A. HPM77に金メッキ(24K)の対応可能です。

製品のサイズや形状の判る図面やイラストを送って頂ければ処理の方法を​確認させて頂きます。

 13  

Q. クリアセラムセラミックス(極低膨張ガラスセラミックス)に装飾金メッキは可能でしょうか?

A. クリアセラムセラミックスに直接装飾金メッキを施す事はできませんので、下地に無電解ニッケルメッキ、光沢硫酸銅メッキ、

光沢ニッケルメッキを施してからの装飾金メッキなどの対応が可能です。

 14 

Q. コバール(鉄、ニッケル、コバルトを主成分にした合金)に導電性目的のために金メッキを施す事は可能でしょうか?

A. コバール素材に金メッキ処理対応可能です。

​指定の膜厚などお聞かせ頂けると幸いです。

 15 

Q. コバール(鉄、ニッケル、コバルトを主成分にした合金)に金メッキを施したいのですが、部分的にも処理対応可能でしょうか?

A. コバール素材に金メッキ処理対応可能です。

部分的な対応も可能です。

メッキ必要部などがわかる資料を頂けるとマスキングの可否を確認させて頂きます。

 16 

Q. ステンレス(SUS304)につや消しの金メッキを施すことは可能でしょうか?

A. ステンレスにつや消し金メッキの対応可能です。

​つや消しの方法はショットブラストでのつや消しとなります。

 17 

Q. 小さなボタンのような形状の鉄素材の製品ですが、数量も多く吊るし用の穴なども無いのですが、金メッキは

可能でしょうか?

A. 小さなボタン形状との事ですのでバレルメッキ(専用の容器に入れてメッキ処理)にて対応が可能でございます。

バレルメッキは一度に大量の製品が処理可能なため、ラック(一つ一つ製品を保持して処理)処理に比べ安価にできるメリットが

ございます。

デメリットとしましては、製品同士が容器の中でぶつかりあうため、傷や打痕がついてしまいます。

 18 

Q. 亜鉛鋼板への金メッキ(装飾目的)を検討しておりますが、製品サイズが大きいのですが対応可能でしょうか?

寸法1800×1000 t0.4mm

A. 亜鉛鋼板への金メッキの対応可能です。

亜鉛を一旦除去してからの処理となりますが、一連の流れで剥離~メッキ処理まで行いますので、腐食などは発生いたしませんので

ご安心下さい。

サイズ的な所ですが、1800×1000mmであればギリギリのサイズとなりますが対応可能です。

​製品が大きいため板の中央部などが金めっきの色目が薄くなる可能性がございますのでご了承下さい。

 19 

Q. アルミ製品に金めっきが施されているのですが、金めっきを剥離することは可能でしょうか?

A. アルミ製品に施された金めっきの剥離可能です。

​サイズによって対応できないものもございますのでご相談下さい。

 20 

Q. ベリリウム銅(C-1720P-H)にニッケルメッキ→金メッキは可能でしょうか?

トータル膜厚5μm以下が希望です。

A. ベリリウム銅へのニッケルメッキ上の金メッキ対応可能です。

​膜厚も問題ございません。

 21 

Q. ABS樹脂に装飾性を持たせる目的で金メッキを検討しております。

処理対応可能でしょうか?

A. ABS樹脂への金メッキ処理対応可能ですが、直接金メッキの処理はできませんので、下地に無電解ニッケルメッキを施した上に

金メッキを施す工程となります。

また、メッキグレードのABS(ナチュラル色)であれば対応可能です。

 22 

Q. silver925のピアスに金メッキを施したいのですが、加工可能でしょうか?

A. silver925への金メッキ処理可能です。

ロゴ.jpg

株式会社コネクション

メッキ加工、コーティング、研磨、熱処理などお気軽にご連絡下さい。

​ご相談、お見積りは無料です。

​〒910-3635 福井県福井市志津が丘4-202-5(Japan)

​受付時間 9:00~18:00 

直通電話 090-6819-5609

Science_edited.jpg