金メッキ処理

 

純金めっき(24Kめっき)の最大膜厚10μmまで処理実績がございます。

金は古来より金杯や装飾品として利用されており、紀元前1200年頃にはエジプトにおいて金箔の製造が始まったと言われています。

金めっきは古くから仏像などに施されていましたが、水銀を用いたアマルガム法により行われたものでした。

電気めっきは1800年頃にボルタ電池を利用して行ったのが初めてとされています。

JIS規格では金めっきは金含有率が99.9%以上の電気めっき、金合金めっきは金含有率が58.5%以上99.9%未満の電気めっきと区分されています。

一般に軟質である純度の高い純金めっきは軟質金めっき、硬度の高い金の合金めっきは硬質金めっきと呼ばれています。

メッキの詳細

金メッキは耐食性に優れ、電気抵抗は銀の次に小さく、熱伝導も良好で高温でも使用できるなど、信頼性につながる優れた特性をもっていることと、さらにシリコンと共晶による接合が可能です。

ある時期までは工業用、装飾用の区分は厚さにより区分されていましたが、現在装飾用でも10μm程度の厚付が行われているので、極めて薄いもしくは、色調を重視するものが装飾用といえるほかは明瞭には区分できなくなりました。

 

金メッキは主に意匠目的(デザイン性)で使用される事が多い処理です。

仏具、眼鏡フレーム、ネックレス、指輪、金具など様々なものに使用されています。

 

​また、極めて高い耐食性低い接触抵抗を兼ね備えた金属であり、プリント基板、電子部品、半導体にも利用されています。

装飾目的のめっきはニッケルアレルギーが課題になりますが、最上層に金や銀などの貴金属めっきを施したとしても下地めっきの成分が溶出する可能性があるため、ヨーロッパでは装身具へのニッケルめっきの使用が禁止されています。

ニッケルフリーではありませんが、長年装飾関係への金めっきの経験からアレルギーに対応した装飾目的の金めっきを施すことができ金属アレルギーを持っておられる方にも貴金属めっきを楽しんで頂けます。

純金めっきの硬さはHV60~100と柔らかい皮膜で、光沢剤の添加で微量の銀や有機物を加えたものではHV110程度の硬さ、その他にアミン化合物のような光沢剤もしくはニッケル、コバルトなどの金属塩の添加によりHV200近い硬質皮膜が形成されます。

Au-Cuなどの合金メッキの場合、析出状態ではHV200程度ですが熱処理することでHV400程度に硬化します。

金メッキの種類

純度が5種類(24K、22K、18K、14K、10K)あり純金と呼ばれるものは24Kとなります。

金メッキの色は合金比率、配合金属の種類

(コバルト、ニッケルなど)によって異なってきます。

​色につきましてはご相談ください。

(金含有率)

14K・・・56.3~60.3%

18K・・・72.9~77.0%

22K・・・89.7~93.7%

24K・・・98%以上

処理可能材質

鉄、ステンレス、アルミニウム、銅・銅合金その他の金属材料、

樹脂材料についても下記のお問い合わせフォームから

お問い合わせ下さい。

製品の部分的なマスキング対応可能です。

​研磨工程も対応可能です。

処理可能サイズ

板形状であれば、A4サイズ程度まで処理可能です。

サイズの詳細につきましてはご相談下さい。

金メッキについてご質問頂いた内容と回答をご紹介しております。

 
最新ブログ情報ー​メッキ加工

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご質問、ご相談はお問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00      直通電話 090-6819-5609