リン酸マンガン.jpg

​受付時間 9:00~18:00 
直通電話 090-6819-5609

mail:connection.fukui@gmail.com

リューブライト(リン酸マンガン)

リューブライト(リン酸マンガン、リン酸亜鉛)詳細

RoHS規制対応(IEC62321分析結果)

リューブライト処理とは化学反応で処理する方法で、表面にマンガン、亜鉛、鉄などのリン酸塩が生成し、塗装との密着性を高める目的で使用されます。

主に塗装の下地として使われていますが、マンガンもしくは亜鉛の高温リン酸塩水溶液に浸漬し、鋼の表面に鉄およびマンガンか亜鉛のリン酸塩を処理したものです。

リューブライト皮膜の特徴​
  1. アルミニウム鉄系銅合金などに対応可能です。(その他材料はご相談ください)

  2. 塗装下地、防錆、塑性加工潤滑に優れる。

  3. 油の保持性に優れている。

  4. ツケ消しの黒色皮膜が得られる。

  5. 耐食性に優れる。

  6. 電気絶縁体の皮膜

  7. PFOS・PFOAフリー及びRoHS規制対応

リン酸塩処理が工業的に利用されるようになったのは1906年に英国にて開発されたリン酸鉄処理で、それから10年程でリン酸亜鉛処理、リン酸マンガン処理など次々に開発されました。

その後Parker兄弟がParker Rust Proof(PRP)社を成立し、第一次世界大戦の戦時需要を追い風にリン酸塩が広く処理されるようになった事で​リン酸塩処理が通称「パーカー処理」、「パーカーライジング」の名称で呼ばれるようになりました。

​弊社ではリン酸マンガン処理、リン酸亜鉛処理のどちらも対応可能です。

​得られる皮膜の色調は灰黒色でその厚さは5~50μm程度、結晶粒子が微細で緻密な表面ほど耐食性に優れていますが、ピンホールなど皮膜の欠陥が多い事が欠点です。

【採用例】

半導体製造装置(光学機器/画像認識)

精密機器(ボルト・ナット類/バネ/ガイドレール/ボールネジ/ヒータプレート/吸着板/冷却板)

自動車部品(ブレーキ、ピストン、シリンダー、ボディなど)

リン酸皮膜絶縁抵抗試験

直流 Weastone Bridgeによる。

​交流 1,000〜Bridgeに上り行う。

リン酸皮膜絶縁破壊試験

平円板(25mm​径)で試験片を挟み直流及び交流(50サイクル)で行う。

リン酸マンガン皮膜、リン酸亜鉛皮膜断面観察画像

リン酸マンガン皮膜、リン酸亜鉛皮膜断面観察画像

「リューブライト」施工後お客様からの声

リューブライト処理して頂いたシリンダーですが、おかげさまで調子良く動いております。 

施工前後でのパワーチェック等していないので何とも言えませんが、確実にフリクションが減り

全体的なトルクアップに繋がっていると思います。

Science_edited.jpg

​お電話でのお問い合わせはこちら
 

  090-6819-5690

 

​受付時間 9:00〜18:00

お問い合わせフォームはこちら

 

 
Working on Computer_edited.jpg
ご質問回答
 01  

Q. ショットブラストなどで表面を荒らすのではなく、ザラザラとした表面を作りたいのですが、メッキ処理でザラザラとした表面は作ることが可能でしょうか?目的は滑り止めです。

A. 鉄鋼材であれば弊社リューブライト(リン酸マンガン処理)を施すことで皮膜自体で凹凸を形成することができるためザラザラとした表面を表現することが可能です。

 02  

Q. ばね鋼鋼材(SUP材)にリューブライト処理(リン酸マンガン処理)を施したいのですが対応可能でしょうか?

A. ばね鋼鋼材(SUP材)にリューブライト処理(リン酸マンガン処理)処理対応可能です。

​図面や形状の判るイラストなど送って頂ければサイズ的な可否を確認させて頂きます。

 03  

Q. パーカー処理とはどのような処理でしょうか?

A. パーカー処理(パーカライジング処理)とも言いますが、リン酸塩皮膜を生成させる方法を総称してパーカー処理(パーカーライジング処理)と呼ばれていますが、リューブライトと同じ処理で呼び名の違いだけとなります。
金属の表面に化学的にりん酸塩皮膜を生成させる化成処理のことで、その昔工業用途で本格的に発展させたアメリカ、パーカー兄弟の姓をとってパーカライジング、パーカー処理と呼ばれる様になりました。

 

 04  

Q. アルミ素材にリン酸塩処理を行いたいのですが、対応可能でしょうか?

A. リン酸マンガンは処理できませんが、リン酸亜鉛であればアルミ素材に処理対応可能です。

​図面や形状の判るイラストなど送って頂ければサイズ的な可否を確認させて頂きます。

 05  

Q. リン酸塩処理されている製品がありますが、追加工を行いたいので皮膜を剥離することは可能でしょうか?

A.​ リン酸塩処理(リン酸マンガン、リン酸亜鉛)皮膜を剥離することは可能です。

 06  

Q. SS400材(一般構造用圧延鋼材)にリン酸マンガン処理(リン酸塩皮膜)対応可能でしょうか?

A. SS400材(一般構造用圧延鋼材)にリン酸マンガン処理対応可能です。

​形状のわかる図面や、数量などお聞かせ下さい。

 07  

Q. S45C-D材(炭素鋼鋼材)にP酸Mn皮膜処理対応可能でしょうか?

A. P酸Mn皮膜処理=リン酸マンガン(リューブライト)処理ですが、S45C-D材(炭素含有量が0.42~0.48%)の炭素鋼鋼材にリン酸マンガン処理対応可能です。

 08  

Q. SUP材(バネ鋼鋼材)にパーカーライジング(リン酸マンガン)処理対応可能でしょうか?

A. SUP材(バネ鋼鋼材)にリン酸マンガン処理対応可能です。

 09  

Q. S45C材(機械構造用炭素鋼鋼材)に四三酸化鉄皮膜処理(黒染め)対応可能でしょうか?

A. S45C材(機械構造用炭素鋼鋼材)に四三酸化鉄皮膜処理(黒染め)対応可能です。

​毎日稼働してりますので、サイズ的に対応可能なサイズであれば、短納期にて対応可能です。

 10  

Q. 製品サイズΦ40×153のS45C(炭素鋼鋼材)にリューブライト(リン酸マンガン)処理可能でしょうか?

A. S45Cの炭素鋼鋼材にリューブライト(リン酸マンガン処理)対応可能です。

サイズ的にも問題ございません。

​製品を保持する方法を検討致しますので図面など送って頂ければ確認させて頂きます。

 11  

Q. 空冷シリンダーの鋳鉄部にリューブライト処理を施して欲しいのですが対応可能でしょうか?

鋳鉄の周りにアルミ部品がついており、アルミ部品を外すことができません。

A. 特殊な方法でアルミと鋳鉄が接合された製品の鋳鉄部のみにリューブライト処理対応可能です。

 12  

Q. 寸法サイズΦ592×65のS45C(炭素鋼鋼材)にリューブライト(リン酸マンガン)処理可能でしょうか?

A. Φ592×65サイズのS45Cへのリューブライト処理対応可能です。

 13  

Q. 焼き入れした板バネにリン酸マンガン処理を施したいのですが水素脆性などの破損が心配です。
加工後の耐久性は問題はないかご教示願います。

A. ご質問いただきました焼入れ品へのリン酸マンガン処理に関してですが、

前処理に酸を使用する工程がございますが、その工程を行わずにリン酸マンガン処理を

施す事で水素脆性などの懸念は避けられると思います。

 14  

Q. 他社でSKD-11にリン酸マンガンを絶縁目的で依頼したのですが、皮膜が成長しないようでテスターでの確認で絶縁性になっておりません。御社にて対策して頂く事は可能でしょうか?

A. 弊社にて対策を検討させて頂く事は可能です。

​まずは通常工程で処理を施させて頂き何が原因か、改善できる方法などを模索しご提案させて頂きます。

ロゴ.jpg

株式会社コネクション

メッキ加工(金メッキ、銀めっき、パラジウムメッキ、無電解ニッケルめっき、テフロン無電解複合めっき)などお気軽にご連絡下さい。

​ご相談、お見積りは無料です。

​〒910-3635 福井県福井市志津が丘4-202-5(Japan)

​受付時間 9:00~18:00 

直通電話 090-6819-5609

Science_edited.jpg