top of page
電着塗装処理

カチオン電着塗装処理

 

電着塗装とは水溶型または水分散型の塗料を入れたタンクの中に製品を浸漬し、製品にアニオン(+極)またはカチオン(-極)の電流を流して処理する塗装方法です。​

ロット内の色のバラツキが少ないため、大量生産性に優れています。

​目次

1.カチオン電着塗装とは

 1.1. カチオン電着塗装の仕組み

 1.2. カチオン電着塗装の特徴

 1.3. カチオン電着塗装の種類

 

2.カチオン電着塗装のメリット

 2.1. 優れた耐食性
 2.2. 高い作業性
 2.3. 環境性能
 2.4. 省資源

 2.5. 優れた密着性

3.カチオン電着塗装の欠点

 3.1. 設備投資の必要性

 3.2. 塗装後の修正

 3.3. 処理材質の制限

7.錫メッキのQ&A

 7.1.錫メッキは剥離、再処理可能か?

 7.2.錫メッキは錆びる?

 7.3.錫メッキは音質に影響を与える?

1. カチオン電着塗装とは

カチオン電着塗装は、水溶性の陽イオン化した塗料を使用し、製品をマイナス極に、電極をプラス極にして電気化学的に塗膜を形成させる塗装方法です。この方法は、アニオン電着塗装と比較して、密着性、強固な膜厚、より高い防食性などの利点があります。カチオン電着塗装は、特に自動車部品や産業機械などの防錆が重要な製品に広く使用されています。

1.1. カチオン電着塗装の仕組み

カチオン電着塗装の仕組み

カチオン電着塗装の基本的な反応は以下の通りです。
 

製品を水溶性のカチオン電着塗料が入った槽に浸漬します。

製品を陰極(マイナス極)、電極を陽極(プラス極)として直流電流を流します。これにより、塗料中の陽イオンが陰極に引き寄せられます。

電極付近で塗料が化学反応を起こし、不溶性の樹脂(ポリマー)となり、被塗物の表面に析出・付着します。
この過程で、塗料の固形分が被塗物に電気的に接着されます。
付着した樹脂が重合・架橋反応を起こし、強固な塗膜を形成します。最終的に、被塗物は焼き付け工程を経て塗膜が硬化し、完成します。

 

このプロセスにより、複雑な形状の製品でも均一で密着性の良い塗膜が形成されます。

お気軽にご連絡下さい。ご相談、お見積りは無料です。

​(受付時間 9:00〜18:00)

お電話でのお問い合わせはこちら

bottom of page