top of page
ノンクラック硬質クロムめっき

ノンクラック硬質クロムめっき

​ノンクラック硬質クロムめっきの詳細

ノンクラック硬質クロムめっきの特徴

アルミニウム鉄系銅合金、チタンなどに対応可能。(その他材料はご相談ください)
  • 純度の高いクロムのめっき皮膜が得られる。

  • 皮膜硬度が高い(皮膜が硬い)

  • 非磁性のめっき皮膜が得られる。

  • 変色しずらく色調が維持される。

  • 耐食性(防錆性)に優れる。

  • 耐熱性に優れる。

  • 薄膜(数μm)〜厚膜(数百μm)まで処理対応可能

​​※他社のノンクラック硬質クロムめっきとの違いは膜厚と皮膜硬度です。

液晶フィルムなどに皮膜の欠陥が転写される事を課題にされていませんか?

液晶フィルムなどにめっき皮膜の欠陥が転写されてしまうなどの課題をお持ちの方は、ノンクラック硬質クロムめっき(クラックレス・クラックフリー)により課題が解決できる可能があります。

硬質​クロムめっき皮膜は通常であればめっき皮膜に無数のクラック(割れ)が発生しています。

​例えば液晶フィルムなどを製造する際のロールなどではこのクラックが製造された液晶フィルムに転写される可能性があるため、クロムめっき表面にクラックなどの欠陥がないものが求められます。

 

硬質クロムめっきを施したシャフトで、クロムめっきの剥がるなど問題はありませんか?

硬質クロムめっきの剥がれが発生し、皮膜を解析した所クラック(皮膜に割れ)が発生しているなどございませんか?

硬質クロムめっき皮膜の剥がれの原因はクラックが原因かもしれません。

ノンクラック硬質クロムめっき(クラックフリー・クラックレス)は皮膜にクラックが発生致しません。ノンクラック硬質クロムめっきを施す事でめっきの剥がれに対する課題が解決できる可能性があります。

断面観察

一般的な硬質クロム断面

断面観察(クラックあり)

ノンクラック硬質クロム断面

矢印のベクターアート
断面観察(クラックフリー)

ノンクラック硬質クロムめっき開発の目的

クロムめっきの割れが皮膜物性に与える影響として、成形フィルムへの転写、皮膜の剥がれ、耐食性の低下が挙げられます。クロムめっき皮膜にクラックが存在することで、腐食因子が毛細管現象により割れ目に浸透し、素材の腐食を引き起こします。

めっき皮膜にクラックが無ければこのような現象は起こらないため、クロムめっきの割れやピンホールを無くした

ノンクラック硬質クロムを開発しました。

ノンクラック硬質クロムめっき皮膜硬度

硬質クロムめっきと言えばやはり皮膜の硬さが大きな特徴ではないでしょうか?

世の中にも実はクラックのないクロムめっきは存在しております。弊社との違いは何と言っても硬さです。

一般的なクラックフリーのクロムめっきの皮膜硬度HV500〜600程度

ノンクラック硬質クロムめっきの皮膜硬度HV750〜850程度ですので、日本工業規格(JIS H8615)をクリアした内容で対応可能です。

純チタンやチタン合金の部品で焼き付き(摩耗性)など困っていませんか?

純チタンやチタン合金は同種金属と焼付きを起こしやすく、摩耗性が劣るという欠点があります。

純チタン、チタン合金に硬質クロムめっきの対応可能です。

お電話でのお問い合せ

受付時間:9:00〜18:00

​​各分野のめっき処理に精通した担当者が強力にサポート

お急ぎの方はお電話下さい。
​携帯からお電話頂ければ出られない場合にも

こちらから押し返しご連絡させて頂きます。

フォームでのお問い合せ

めっき加工(金めっき、銀めっき、パラジウムめっき、

無電解ニッケルめっき、テフロン無電解複合めっき)など
お気軽にご連絡下さい。​ご相談、お見積りは無料です。

bottom of page