• connectionfukui

5μmの膜厚で黒くできた。黒色無電解ニッケルメッキ

1μm=1000/1mmとかなり小さな単位ですが、メッキ加工の場合、通常単位がこのμmになります。


なぜ、こんな話をするかといいますと、一般的に黒色の無電解ニッケルメッキの膜厚は10μm以上で推奨している所ですが、とあるクライアント様より形状が出来上がっている製品(加工寸法が図面どおりできている状態)で追加加工で黒色無電解ニッケルメッキを施したいとのご依頼を頂きました。


推奨膜厚10μmですので、半分の膜厚になります。


なぜ10μmが推奨かといいますと、黒色無電解ニッケルメッキの場合、ベースとなる無電解ニッケルメッキを施し後工程でニッケルを酸化物にする事で黒くしております。


この酸化させる処理の不均一を抑えるため(色ムラなど)と素材の防錆を考えると最低10μm確保をお願いしております。


そんなことから今までは5μmのご依頼はお断りしておりましたが、メッキ工法をリニューアルさせて頂き5μmでの黒色無電解ニッケルも対応できるようになりました。


基本的な外観は今までの黒色無電解ニッケル同等の艶のある黒になります。

※つや消しの黒色無電解ニッケルが必要な方は別途ご相談下さい。


加工したものがこちらになります。

素材が鋳物ですのでつや消しに見えますが、これは素材の影響で黒色無電解ニッケルメッキで艶が消えているわけではありませんので了承下さい。



メッキ加工のお問い合わせはこちらから

https://www.connection-fukui.com/

最新記事

すべて表示

耐摩耗性(硬い表面処理)

めっき処理で素材を固くする事はできませんが、皮膜硬度の高いめっき処理を行う事で表面強度を上げることが可能です。 表面硬度を上げる事で耐摩耗性を向上させます。 JISで耐摩耗性とは相対運動する金属面の機械的引っかき、金属的粘着などが総合されてその面が損耗する現象を摩耗といい、これに耐える性質とされています。 摩耗が激しく部品の交換頻度が早い案件や、樹脂成形などの金型へ処理を施し 摩耗を減らすなどの案

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などありましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。