• connectionfukui

第26節 メッキ処理が難しい難素材と呼ばれる材料は・・・



メッキ処理の難しい難素材とは

技術の進歩とともに、材料に対する要求機能が一層高度化する傾向にあり、素材の多様化が進んでいます。


メッキを施す素材としては、最も経済的な実用材料である鉄鋼材料から、軽量化のためのアルミニウムやマグネシウム、電子材料としての42 アロイ(Fe-Ni合金)や銅合金などが広く利用されています。

最近では、焼結合金やチタン、タンタル、モリブデンなどの特殊金属素材へのメッキ処理の依頼も増加しています。

また、プラスチックやセラミックス等の非電導性素材への機能的なメッキの要望も多く、地球環境保全やリサイクル指向の構造材料として、マグネシウム合金の利用が見直されています。


いずれの場合にもメッキする観点からいえば素材の難メッキ化であり、メッキの密着性の確保が、機能維持や品質保証のためにもますます重要となっています。

メッキの密着性の良否については、いずれの素材においても素材表面にメッキ皮膜が少なくとも原子レベルで全面被覆するまでに決定されるので、素材表面の前処理による清浄化や活性化及びメッキ過程である各種イオンの吸着、触媒作用、結晶化過程の制御が重要なポイントになります。





機能性メッキのご質問やその他のメッキ処理のお問い合わせメールはこちらからお問い合わせ下さい。


メッキ加工であなたの嬉しいを実現

 Connection(コネクション)

 URL: https://www.connection-fukui.com/

   アルミニウムへの無電解ニッケル専門サイト

 URL: https://mekki.design/

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などありましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。