めっき加工であなたの嬉しいを実現、硬質アルマイトの注意すべきポイントは?株式会社コネクション

更新日:1月8日

硬質アルマイト処理とは??

硬質アルマイト処理(硬質陽極酸化)とは、アルミニウムを陽極(+極)で電解処理して人工的に酸化皮膜(Al2O3)を生成させる表面処理のことです。

硬質陽極酸化皮膜処理は、日本が誇る世界的な技術で、電解液の種類・濃度・温度・電流密度などの電解条件などでシルバー色、ゴールド色、黒色など色の表現や(発色・着色)、表面を硬くすることで耐摩耗性などを付与させることができます。


他のメッキ処理とは異なり、アルミ素材自体を溶解しながら皮膜を生成、成長させる処理です。

ですので、アルマイト処理を施す事で素材が目減りしていきますので、アルマイト処理後の仕上がり寸法が決まっている場合は膜厚での指定ではなく、寸法での確認が必要となります。


実例紹介

公差φ20h7(0、-0.021)がある製品に黒色硬質アルマイトを施し図面寸法公差に収める場合、黒色硬質アルマイト時の寸増加が片側10μmほど増加しますので、処理前寸法を19.970にて仕上げて頂く事で、黒色硬質アルマイト後の公差を指定の公差に収める事が可能です。




めっきに関するお問い合わせやご質問などございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。



メッキ加工であなたの嬉しいを実現

 株式会社コネクション

 

 めっき総合サイト

 URL: https://www.connection-fukui.com/

   アルミニウムへの無電解ニッケル専門サイト

 URL: https://mekki.design/


閲覧数:15回0件のコメント

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などございましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。