• connectionfukui

油保持に優れた黒色皮膜と言えば、リン酸マンガン(リューブライト)!!

更新日:3日前

黒く処理する方法って実は沢山あるんです。

ここ最近特に黒にしたいという案件が増えてきております。


そこで、どんな加工方法があるのか少しご説明を

まずは黒い処理でも目的別で説明致します。


目的のご要望で一番多いのがこちら・・・・反射防止目的

そのままですが、反射を抑えたい、抑制したいという目的です。

弊社では艶の無い黒色の加工をオススメしております。

①マットブラック

②ツヤ消し黒色アルマイト

③ツヤ消し黒色無電解ニッケルメッキ

リン酸マンガン処理(リューブライト)などになります。



リン酸マンガン(リューブライト)加工とは】

リン酸マンガン処理(リューブライト処理)はあまり一般的に知られていない表面処理になります。

なぜ??知られていないかといいますと、このまま使用されることが少なく、塗装の下地などに使われる以外に使用用途が広がっていないことが原因です。


リン酸マンガン処理(リューブライト)のメリット

1.一定までしか皮膜が成長しない。

2.絶縁性皮膜

3.成長皮膜がツヤ消し


リン酸マンガン処理(リューブライト)のデメリット

1.鉄素材限定の処理

2.成長皮膜自体がツヤ消し皮膜のため光沢性の外観にできない。

3.膜厚を薄く加工すると皮膜の欠陥が多い


個人的にはリン酸マンガン皮膜は独特のツヤ消し感で黒ともグレーとも言えるような色、質感でとても好きな外観ですので、外観用途などでもPRしたい皮膜です。

また、皮膜の特性として絶縁性があるため、絶縁目的の案件にも使用用途を広げつつあります。


【まとめ、結局黒色皮膜はどれがいい??】

マットブラック

ツヤ消し黒色アルマイト

③ツヤ消し黒色無電解ニッケルメッキ

リン酸マンガン処理(リューブライト)などありますが、

結局どの黒色皮膜がいいのでしょうか?


色んな黒色皮膜がありますが、例えば乱反射防止が目的で素材にショットブラストなど施せない鉄鋼材料であれば、マットブラックリン酸マンガン処理(リューブライト)などをご提案させて頂いております。


リューブライトは油保持に優れている点がございます。

摺動部品などにリン酸マンガンを施させて頂き油の保持が高いため、潤滑を維持しやすい処理となります。


目的は明確になっているが、どんなメッキ処理、表面処理があるか不明な場合は

目的だけお聞きできればメッキ処理の方ご提案させて頂きます。



めっきに関するお問い合わせやご質問などございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。



メッキ加工であなたの嬉しいを実現

 株式会社コネクション

 

 めっき総合サイト

 URL: https://www.connection-fukui.com/

   アルミニウムへの無電解ニッケル専門サイト

 URL: https://mekki.design/


最新記事

すべて表示

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などございましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。