パラジウムニッケルメッキ処理

 

パラジウムは融点1555℃、密度12.16g/cm3、ビッカース硬度HV250~400、面心立方構造の貴金属であり、熱的および化学的な安定性に優れています。

20~50mass%のニッケルを合金化することにより、硬く展延性に優れ、尚且ピンホールなどの欠陥が少ない耐食性に優れためっき皮膜が得られます。

パラジウムニッケル合金メッキ(Pd 70% : Ni 30%)

ニッケルがアレルゲンとしてEU諸国で規制される前までは、時計やメガネフレームへの白色仕上げ用装飾用途に多用されていました。現在でも硬質金めっきの代替として電気接点などへの表面処理に用いられています。

めっき皮膜の合金組成はPdイオン、Niイオン濃度、浴温、電流密度、PHに依存することからこれらの適切な管理が必要です。

​皮膜硬度

純Pdめっき・・・HV250~300

Pd-Niめっき・・・HV330~380​

実績膜厚

実績最大膜厚5μm​

白銀色の外観で、電気伝導性、低接触抵抗、

耐食性が優れています。

​処理可能素材

ステンレス、鉄、銅、銀、洋白、チタン

その他の材質につきましてはご相談下さい。

処理可能サイズ

A4サイズ程度まで処理可能です。

処理の可否につきましてはご相談ください。

パラジウム-ニッケル合金メッキについてご質問頂いた内容と回答をご紹介しております。

 
最新ブログ情報ー​メッキ加工

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご質問、ご相談はお問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00      直通電話 090-6819-5609