top of page

JIS H8610

アンカー 1
アンカー 2
アンカー 3

1. 適用範囲

この規格は,鉄及び鋼素地上に防食の目的で行った有効面の電気亜鉛めっき(以下,めっきという。)について規定する。

2. 引用規格

この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版を適用する。 

JIS H 0400 電気めっき及び関連処理用語 

JIS H 0404 電気めっきの記号による表示方法 

JIS H 8501 めっきの厚さ試験方法 

JIS H 8504 めっきの密着性試験方法 

JIS H 8625 電気亜鉛めっき及び電気カドミウムめっき上のクロメート皮膜 

JIS Z 9031 ランダム抜取方法

3. 定義

この規格で用いる主な用語の定義は,JIS H 0400によるほか,次による。 

a) 有効面 (significant surface)  被覆されているか又は被覆されるべきで,その被覆が主要な性能及び外観にかかわる部品の表面。 

b) 局部厚さ (local thickness)  指定面積内における指定測定回数の平均値 

c) 最小局部厚さ (minimum local thickness)  品物の有効面上において確認された局部厚さの最低値

アンカー 4

4. 等級,記号及び使用環境 

4.1 等級及び記号 

a) 等級 めっきの等級は,表1のとおりとし,めっきの最小厚さによって6等級に分ける。 

b) 記号 めっきの記号は,JIS H 0404による。 
 

4.2 使用環境

使用環境条件及び記号 使用環境,使用環境条件及び記号は,JIS H 0404による。 

参考 防食の目的でめっき製品を使用する場合,その使用環境を参考表1のとおり区分し,記号で示す。

アンカー 5
アンカー 6

5. 一般事項 

亜鉛浴の品質は,次による。 

a) 地金 亜鉛浴に使用する亜鉛は,JIS H 2107に規定する蒸留亜鉛地金1種又はこれと同等以上の品質の亜鉛地金とする。 

b) 亜鉛浴組成 亜鉛浴の純度は,作業中97.5 %以上とし,品質及び作業性の向上に有効な金属を添加してもよい。 

 

6. めっきの品質 

めっきの品質は,次による。 

6.1 外観 

めっきの外観は,受渡当事者間の協定による用途に対して使用上支障のある不めっきなどがあってはならない。また,めっき表面に現れる耐食性にはほとんど影響のない,濃淡のくすみ(やけなど)及び湿気によるしみ(白さびなど)によって合否を判定してはならない。 

備考 めっきの主目的は,耐食性にあり,美観的要求事項を満足させることではない。また,装飾の目的で施されるものでもない。めっきは表面素材を滑らかにすると考えがちであるが,素材表面より良くならないのが普通である。 
 

6.2 付着量及び硫酸銅試験回数 

めっきの付着量は,7.3の試験を行ったとき,表2に適合しなければならない。硫酸銅試験回数は,表2の試験回数とし,7.4の試験を行ったとき,JIS H 0401の6.8に規定する判定基準を満足しなければならない。

表 2 付着量及び硫酸銅試験回数

アンカー 7

6.3 密着性 

めっき皮膜は,素材表面とよく密着し,通常の取扱いでは,はく離又はき裂を生じないものでなければならない。7.5の試験で,ハンマ試験を行った場合,打こん間に連続した浮き上がり又ははく離があってはならない。 

6.4 仕上げ 

通常,めっきは,危険な鋭利なたれを除き,グラインダ,やすりなどを使用する仕上げは行わない。ただし,不めっき及び接合する部分のたれなど指定された用途に対して使用上支障がある場合には,受渡当事者間の協定によって,仕上げ方法を決定する。また,めっき後,塗装が行われるもの,景観材料などとして使われるものについても,事前に受渡当事者間で仕上げについての仕様を決定する。 

なお,めっき不良品の処置は,次による。 

a) 不めっき部の補修

補修を行うことができる不めっき部は,通常,製品全表面積の0.5 %までとし,各々の不めっき部分の面積は,5 cm2以下とする。 

b) 不めっき部の処置

不めっき部の面積が製品全表面積の0.5 %を超える場合,又は各々の不めっき部分の面積が5 cm2を超える不めっき部の処置については,受渡当事者間の協定によって補修するか又は再めっきするかを決める。

 備考 作業による不良品には,前処理による不良,亜鉛付着量不足による不良,外観不良などがある。これらの不良品を再めっきする場合には,前処理工程を省略し,再浸せきしても良好な亜鉛めっきが得られる場合が多い。 

c) 補修方法

不めっき部の補修方法は,高濃度亜鉛末塗料を用いるか,又は亜鉛溶射などを行う。

d) 不めっき以外の不良品の処置

不めっき以外の不良品の処置は,受渡当事者間の協定による。 

7. 試験  

7.1 試料の採取方法

試料(素材又は製品)の採取方法は,次による。 

なお,詳細な試験片の採取方法は,JIS H 0401による。 

a) 製品から試料を採取できる場合

同一材質の素材を同一の条件でめっきした製品でロットを形成し,そのロットから製品を代表する試料を抜き取る。抜き取った試料から試験片を採取する。

b) 製品から試料を採取できない場合 

製品に使われたものと同一素材から試料を採取し,素材と同時にめっきしたものを試験片とする。注文者は,めっき業者に素材と同一材質の試料及び素材の情報を提供するものとする。

 

7.2 試験片の数 

試験片の数は,受渡当事者間の協定による。 

 

7.3 付着量試験 

通常,JIS H 0401の付着量試験方法の直接法又は間接法による。ただし,めっき1種A及び1種Bには適用しない。 

なお,受渡当事者間の協定によって,JIS H 0401の磁力式厚さ試験を行ってもよい。 

 

7.4 硫酸銅試験 

めっき1種A及び1種Bの場合は,JIS H 0401の硫酸銅試験方法によって,試験を行う。

 

7.5 密着性試験 

めっき2種35〜2種55の場合で試験片が採取できる場合は,JIS H 0401の密着性試験方法により,ハンマ試験を行う。 

なお,ハンマ試験を行えない場合は,JIS H 0401の密着性試験方法に規定する目視による方法によって,通常の取扱いによるめっき皮膜のき裂又ははく離の有無を調べる。 

 

8. 検査 

めっきは,外観を検査するとともに,7. によって試験し,6. の規定に適合したものを合格とする。

 

9. 表示 

製品には,荷札,送り状(納品書を含む。)などに,次の事項を表示する。 

a) 規格番号及び種類又はその記号 

b) 加工年月 

c) 加工業者名又はその略号

アンカー 8
アンカー 9

お気軽にご連絡下さい。ご相談、お見積りは無料です。

​(受付時間 9:00〜18:00)

お電話でのお問い合わせはこちら

bottom of page