防錆皮膜『タフネス』処理

 

防錆皮膜『タフネス』は、長期の耐食性が特徴です。

​ただ長持ちするだけでなく、素材とめっき皮膜の間に合金層が形成されるため、剥がれることがありません。

防錆皮膜『タフネス』の詳細

①錆びない

自己犠牲防食機能で、錆・腐食が進みやすい締結部においても⾧期の耐食性

溶融亜鉛めっき約20倍の 耐食性

②剥がれない

母材とメッキ皮膜間に合金層が形成され、皮膜がはがれません。

③電食防止

屋外建材の枠組み(アルミニウム)と取り付け金具 (ステンレス)などの異種金属組み合わせにおける接触腐食(電食)を考慮する必要がありません。

④RoHS指令にも対応

『水銀』・『鉛』などの有害物質を含みません。

【使用実例】

生簀などの海で使用頂く設備など(メンテナンスの大幅削減)

太陽光パネルなどの架台の接合部品(ボルト・ナットからの電食防止)

塩害地域のボルト関係

処理可能材質

鉄素材限定の処理となります。

処理可能サイズ

φ350✕200(㎜)のカゴに入る大きさのもの。
  板材であれば420✕420✕450mm
  1個当たりの重量が2㎏以下のもの。
  ボルト、ナットなどネジ製品はM8以上のもの。

※上記サイズ以外のものにつきましては、別途相談に応じます。

防錆皮膜『タフネス』についてご質問頂いた内容と回答をご紹介しております。

 
最新ブログ情報ー​メッキ加工
イメージ.jpg

​お問い合わせ

表面処理加工(メッキ処理、コーティング、研磨、熱処理など)のご相談はメール、お電話にてお気軽にご連絡ください。

​ご相談、お見積りは無料です。

​受付時間 9:00~18:00      直通電話 090-6819-5609