Connectionにお問い合わせ頂いたご質問をご紹介

 

めっき加工の可否や、素材・サイズなどのお問い合わせ頂いた内容をご紹介させて頂きます。

 01 

Q. 純チタン2種(170×150 t 10mm)の製品にニッケルメッキ可能でしょうか?

A. 純チタンへのニッケルメッキ対応可能です。

​サイズ的にも問題ございませんので、形状の詳細がわかる図面を送って頂けると幸いです。

 02 

Q. 亜鉛ダイキャスト(亜鉛ダイカスト:ZnDC)素材にニッケルメッキを施したいのですが、対応可能でしょうか?

A. 亜鉛ダイキャスト素材へのニッケルメッキを直接処理することができないため、下地に銅メッキを5μm以上施した上のニッケルメッキとなります。指定の膜厚などお聞かせ下さい。

 03 

Q. ニッケルメッキを施したシャフト(SCM435)を一部追加工を施したのですが、一部ニッケルメッキが無くなってしまいました。

一部ニッケルメッキが無くなった箇所へニッケルメッキを施す事は可能でしょうか?

A. 形状によりますが、部分ニッケルメッキ可能ですが、既存のニッケルメッキの上に再度ニッケルメッキを重ねても宜しければ全体的に

再度メッキ処理を施させて頂いた方が意匠性、費用などの面から優位です。

 04 

Q. 他社で処理しておりますニッケルメッキ品で下地の銅メッキとニッケルメッキの層間で剥離が発生するものがあります。

考えられる原因は何でしょうか?

A. 考えられる原因としましては次の事が考えられます。

1.下地の銅メッキ後の水洗水の汚れ

2.銅メッキからニッケルメッキに入るまでの時間が長い

​3.下地の銅メッキ表面に光沢剤の薄い皮膜がついている

 05 

Q. 鉄鋼材をバレルメッキにてニッケルメッキを行なっていますが、凹み部などに黄色のシミ(変色)が発生することがあります。

シミ(変色)の発生原因と対策を教えて頂けないでしょうか?

A. 鉄鋼製の製品をバレルでメッキを行なっているとの事で、凹み部にメッキが析出していないものと考えられます。

ニッケルメッキが析出していないことで素材のサビが発生しているのでは無いかとかんがえられます。

対策としましては、1回の処理量を減らして尚且処理時間を伸ばし全体的なニッケルメッキの膜厚を厚く処理することで緩和されるものと思われます。

 06 

Q. 真鍮製品にニッケルメッキを施していますが、皮膜の欠陥により被覆されていない事を目視で判断することはできなでしょうか?

A. 真鍮製品に施したニッケルメッキが被覆されているか確認する方法としましては、純水700ml、アンモニア水700ml、25%トリクロル酢酸700ml、もしくは過硫酸アンモニウム50g/l、アンモニア水75ml/lの溶液に5分浸漬することで、ニッケルメッキの欠陥などにより真鍮素材が露出している箇所は溶液が青色に変化するため判断が可能です。

 07 

Q. ニッケルメッキ浴(ワット浴)を使用してメッキ処理を行なっていますが、phが調整していないのに少しずつ下がって行きます。

一般的にph調整で下げる事はあると思いますが、上げる事は少ないと思いますが適正な状態でしょうか?

A. 結論からお話しますと、適正な状態ではありません。

適正な状態ですとニッケルメッキ浴の陽極のニッケルが溶解し、使用していない状態でも徐々にphが上昇していく状態が正常な状態です。

​phが下がっていく原因としましては、ニッケルの陽極が少ない、もしくは前処理の酸が持ち込まれているのでは無いかと考えられます。

 08 

Q. ニッケルメッキのphを上げるには水酸化ナトリウムやアンモニア水は使わずに炭酸ニッケルや水酸化ニッケルなどを使っていると思いますが、ナトリウムイオンやアンモニウムイオンが有害であるためと言われましたが、ピット防止剤や光沢剤ではナトリウム塩が用いられていますが有害では無いのでしょうか?

A. メッキ浴にナトリウムイオンやアンモニウムイオンが含まれますとメッキ皮膜が硬く、脆いメッキ皮膜となるためこれらの塩は使わないようになっていますが、ピット防止剤や光沢剤は添加量が少量であるため、影響が小さいと考えられます。

 09 

Q. ニッケルメッキに非ろ波の整流器を検討しておりますが問題ありませんか?

A. ろ波の必要性はありませんが、整流器の波形は全波がよく、半波ですとニッケルメッキにはおすすめできません。

 10 

Q. 他社で処理しているニッケルメッキ品ですが、時々メッキ皮膜に割れが発生します。

突発的な不具合ですが、ニッケルメッキ皮膜が割れる原因を教えて下さい。

A. ニッケルメッキ皮膜が割れが発生するということは、メッキ皮膜が脆い事が原因かと思われます。

ニッケルメッキ皮膜が脆くなる原因としましては、次の事が考えられます。

①浴温が低すぎる。

②PHが規格外になっている。

③電流密度が高すぎる。

​④光沢剤が過剰

 11 

Q. 装飾クロムメッキ(下地に光沢ニッケル)で白く曇る現象がでております。

また、つき周りも低下しておりますが考えられる原因は何でしょうか?

A. クロムメッキ液の不調が考えられますが、光沢ニッケルメッキとして考えられる原因としましては、光沢剤過剰によりクロムメッキの析出を阻害している事が考えられます。

 12 

Q. ニッケルメッキした製品にザラつきが発生しております。

原因としてはどのような事が考えられますか?

A. ザラつきの原因は複数考えられます。

①異物付着(メッキ液内に不純物が混入したものが付着)

②過剰な電流密度

③素材起因のザラつき

​現物をお送り頂ければ弊社の方で確認させて頂きます。

 13 

Q. ステンレス鋼にニッケルメッキを行う場合、ニッケルストライクが必要と言われましたが、なぜ直接ニッケルメッキが処理できないのでしょうか?

A. ストライク鋼は非常に耐食性の優れた材料ですが、耐食性に優れた理由は、ステンレス鋼の成分であるクロム成分が素材表面に濃縮し、不動態膜が形成されるためですが、この不動態化が通常のニッケルメッキの工程では除去できず、密着低下の原因となります。

​ニッケルストライクは塩酸をベースとしたメッキ浴で、塩酸中でクロム金属は不動態化できないため、塩酸ベースのニッケルストライクで処理を行うと、不動態化を除去しながらニッケルメッキを処理することができ、密着性を確保することが可能です。

 14 

Q. ニッケルメッキとクロムメッキですが、素人では見分けが難しいのですが、簡単に見分ける方法はありませんか?

A. 簡単に見分ける方法としましては、息を吹きかける、シャワーを掛ける、日の光で確認するなどがあります。

​いずれもニッケルは黄色っぽく、クロムは白っぽくなりますので見分けができます。

 15 

Q. 柔軟性のあるニッケルメッキが欲しいのですが、対応可能でしょうか?

A. 無光沢ニッケルめっきでニッケル濃度、PH、温度、不純物などを調整することで、最低硬度HV150程度のニッケルメッキ皮膜を形成することが可能です。

 16 

Q. ステンレス鋼にニッケルメッキを行う場合、ニッケルストライクが必要と言われましたが、なぜ直接ニッケルメッキが処理できないのでしょうか?

A. ステンレス鋼は非常に耐食性の優れた材料ですが、耐食性に優れた理由は、ステンレス鋼の成分であるクロム成分が素材表面に濃縮し、不動態膜が形成されるためです。

この不動態化が通常のニッケルメッキの工程では除去できず、密着低下の原因となります。

​ニッケルストライクは塩酸をベースとしたメッキ浴で、塩酸中でクロム金属は不動態化できないため、塩酸ベースのニッケルストライクで処理を行うと、不動態化を除去しながらニッケルメッキを処理することができ、密着性を確保することが可能です。

​ニッケルストライクメッキを処理後であればニッケルメッキが処理対応可能です。

 17 

Q. 亜硫酸ガス雰囲気中で使用される部品がありますが、このような腐食性の大きい雰囲気中ですが、ニッケルメッキを施す事で使用可能でしょうか?

A. 亜硫酸ガス雰囲気での使用との事ですが、亜硫酸を含む腐食液を用いて行われるケスタニッチ法試験にて2層のニッケルメッキを評価しましても、下層の半光沢ニッケルメッキまで腐食されることから、2層ニッケルメッキの場合ですと下地の半光沢ニッケルを厚く処理が必要となります。

​2層ではなく、3層(トリニッケルメッキ)や半光沢ニッケルの下地に銅メッキを施す3層メッキも効果があります。

 18 

Q. 3層メッキ(トリニッケルメッキ)はメッキ層を積層することで耐食性が上がる事はなんとなくわかるのですが、母材から半光沢ニッケル→トリニッケル→光沢ニッケルの組み合わせでなぜ耐食性が向上するのでしょうか?

A. 最下層の半光沢ニッケル(メッキ皮膜硫黄含有率0%)と最上層の光沢ニッケル(メッキ皮膜硫黄含有率0.05%)の中間層に、硫黄含有率の多いトリニッケル(メッキ皮膜硫黄含有率0.1~0.2%)を施すことで、ニッケルメッキが腐食される際に局部電池作用が発生することで、トリニッケルが優先的に溶解することで最下層の半光沢ニッケルが守られ結果的に耐食性の向上に繋がります。

 19 

Q. ABS樹脂(3Dプリンター整形品)材料に装飾のニッケルクロムを施したいのですが、試作~対応可能でしょうか?

A. ABS樹脂(メッキグレード)であれば処理対応可能ですが3Dプリンターでの成形品との事ですので、3Dプリンターでの整形の特徴ですが、スポンジで製作したような隙間の沢山ある製品となりまして、メッキ処理を施しますと、メッキの為の洗浄液などが製品内部に

残留してしまいメッキの析出を阻害してしまうことが懸念されます。

外観の意匠性目的だけであれば銀鏡皮膜『クリアシルバ』をおすすめしております。

こちらにABS樹脂(3Dプリンター成形品)への処理品の画像を掲載しておりますので参考にして頂けると幸いです。

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご質問、ご相談はお問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00      直通電話 090-6819-5609