Connectionにお問い合わせ頂いたご質問をご紹介

 

めっき加工の可否や、素材・サイズなどのお問い合わせ頂いた内容をご紹介させて頂きます。

 01  

Q. ステンレス材料に金色の処理は可能でしょうか?

A. ステンレスへの金色対応可能です。方法としまして金メッキ、チタンコート、クリアシルバなど色々方法がございます。使用方法などお聞かせ頂けると目的に応じた金色をご提案させて頂きます。

 02 

Q. アルミニウム合金(A1100)に金メッキ、銀メッキ、アルマイトそれぞれ対応可能でしょうか?

A. A1100に金メッキ、銀メッキ、アルマイト加工それぞれ対応可能ですが、金メッキ、銀メッキはアルミニウム合金に直接加工はできませんので、下地にニッケルめっきを施してから各目的のめっき加工となります。

 03 

Q. 真鍮材での試作品になりますが、シルバー色、ゴールド、ピンクゴールドめっきは可能でしょうか?

また、本製品は銀素材になりますが、シルバー色、ゴールド、ピンクゴールドめっき対応可能ですか?

A. シルバー色との事ですので、装飾クロムめっき(ニッケルクロム)が宜しいかと思います。

​真鍮素材、銀素材ともに装飾クロム、ゴールド(金めっき)、ピンクゴールドめっき処理対応可能です。

 04 

Q. 鉄素材にニッケルメッキが施されているホックピンという製品なのですが、古美色(くすんだ真鍮色)を表現することは可能でしょうか?

A. ニッケルメッキされた製品に古美色(くすんだ真鍮色)を表現することは可能です。

 05 

Q. 鉄系の材料や銅系の材料に金メッキを検討しておりますが、擦れる部分での使用となりますが偽物金メッキは避けたいのですが

対応可能でしょうか?

A. 金メッキをご検討のことで対応可能でございます。

擦れる部分との事で、純金メッキでは柔らかい皮膜のため摩擦により摩耗してしまうため、硬質金メッキ(金をベースとした合金メッキ)が宜しいかと思われます。

ベースは金メッキですので、他の金属に比べると摩耗には弱い皮膜となりますが、純金メッキに比べ硬い皮膜になりますので、金メッキでありながら摩耗を減らすことが可能です。

 06 

Q. 金メッキを他社で処理してもらったのですが、膜厚が足りないため金メッキを追加で処理したいのですが金メッキの上の金メッキは対応可能でしょうか?

A. 金メッキ上の金メッキは密着性を確保するために特殊な前処理を行う必要がありますが対応可能です。

現行の金メッキが厚膜でなければ金メッキのみを剥離して再度金メッキを処理させて頂く形が宜しいかと思います。

 07 

Q. アルミニウム素材に金メッキが施されているのですが、剥離して頂き再加工した後再度金メッキを施したいのですが、金メッキを剥離することは可能でしょうか?

A. アルミニウム上の金メッキにつきまして剥離可能です。

​追加工して頂いた後再加工可能ですのでご検討下さい。

イメージ.jpg

​お問い合わせ

表面処理加工(メッキ処理、コーティング、研磨、熱処理など)のご相談はメール、お電話にてお気軽にご連絡ください。

​ご相談、お見積りは無料です。

​受付時間 9:00~18:00      直通電話 090-6819-5609