機能性別表面処理

メッキ(表面処理)を施したいけど、どのメッキ(表面処理)を施したらよいのかわからないという方へ

Connectionの用途別おすすめメッキ(表面処理)をご紹介します。

耐食性
さびは水分と鉄材表面の局部電池の相互作用によって鉄の原子が電子を失ってイオン化し、水分に溶け込み水酸化第二鉄Fe(OH)3、水酸化第一鉄Fe(OH)2、または炭酸第一鉄Fe(CO)3を主成分とする赤さびを生じます。
表面処理を行う事で、さびの発生を防止し母材を腐食から守ります。
耐摩耗性・潤滑性
メッキ処理で素材を固くする事はできませんが、皮膜硬度の高いメッキ処理を行う事で表面強度を上げることが可能です。
表面硬度を上げる事で耐摩耗性を向上させます。
JISで耐摩耗性とは相対運動する金属面の機械的引っかき、金属的粘着などが総合されてその面が損耗する現象を摩耗といい、これに耐える性質とされています。 
​絶縁性
絶縁性とは、電気を通しにくい性質にすることです。
鉄部品も絶縁性皮膜で覆うと、電気が通りにくくなります。
金属に処理することで抵抗体のように電気の流れを悪くしたり、電食などの腐食を防止することができます。
 
防汚性
防汚性とは汚れを防止する機能のことを言います。
汚れがつきにくく、汚れがついても簡単に除去する事ができます。
いろんな物質の付着を防止することで金型などのコンタミ防止などに有効です。
意匠性

現行の色目をオリジナリィのある色目に変えたい。
単純なシルバーや金色ではなく、赤色や青色、黒色などいろんな色を表現したいなどのご要望にお応え致します。 
柔軟性
硬い表面ではなく柔らかな表面にすることで耐衝撃性・傷付け防止など皮膜が柔らかいことで得られる特性があります。 

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご質問、ご相談はお問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00      直通電話 090-6819-5609