めっき加工であなたの嬉しいを実現、めっき処理って皮膜は金属ですよね、金属皮膜なのに絶縁性をめっき処理で持たせる事ができるの?株式会社コネクション

更新日:6 日前

絶縁性とは?



絶縁性とは、電気を通しにくい性質にすることです。

一般的には絶縁体と呼ばれる電気を通しにくい物質を電気を通したくない母材に施工して絶縁性を持たせます。


金属に処理することで抵抗体のように電気の流れを悪くしたり、電食などの腐食を防止することができます。

抵抗体としての要望や腐食防止の目的などでご使用頂いております。


【絶縁性に有効なめっき処理】


アルマイト(アルミニウムの陽極酸化)

アルミニウムを陽極として硫酸やシュウ酸、クロム酸などの電解液中で電解することで表面に厚い酸化皮膜(Al2O3)が生成されます。これをアルミニウムの陽極酸化皮膜(アルマイト)と呼んでいます。

アルミニウムの陽極酸化(アルマイト)はアルミニウム素材にしか処理ができませんが、装飾、防食、耐摩耗など色々な目的に用いる事ができます。​


リューブライト

リューブライト(リン酸マンガン、リン酸亜鉛)は主として鉄鋼材料の塗装下地、防錆、塑性加工潤滑を付与することを目的に、自動車、機械部品、建材などの大型部品を中心に採用されています。

この皮膜は他のメッキ処理に比べ防錆が劣る処理となりますが、油の保持性に優れているため、防錆油を併用することで耐食性を向上させることが可能になります。



めっきに関するお問い合わせやご質問などございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。



メッキ加工であなたの嬉しいを実現

 株式会社コネクション

 

 めっき総合サイト

 URL: https://www.connection-fukui.com/

   アルミニウムへの無電解ニッケル専門サイト

 URL: https://mekki.design/

閲覧数:0回0件のコメント

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などございましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。