• connectionfukui

電気分解、電解とは

日本規格協会抜粋です。


電気分解、電解とは一対の電極を電解質溶液などのイオン伝導体に挿入し、外部電源から電流を流して化学変化を起こさせる操作。


電気メッキは説明にあるように外部電源を利用してめっき液に電流を流し、メッキを施したい製品の表面に目的のメッキ皮膜(金属皮膜)を析出させる方法です。


基本的には電気の流れる金属への処理ですが、プラスチックなどの電気の流れない製品に対しても、下地処理を施してから電気メッキを処理することが可能です。


電気メッキのメリットとしては、メッキ液を更新頻度がすくない(濃度管理、不純物除去など適正に管理していれば更新の必要性がありません)


また、光沢剤の添加などを行うとメッキ皮膜自体に光沢性が得られキレイな外観を得る事が可能です。


デメリットとししては、電流の集中する角部はメッキの膜厚が厚くなりやすいため、

製品の形状によって膜厚のばらつきが発生しやすい事です。


電気メッキのお問い合わせはこちらまで


1回の閲覧

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などありましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。