• connectionfukui

第25節 ABS樹脂以外の樹脂材料にはめっきできないの??



ABS樹脂以外の樹脂素材へのめっきについて

ABS樹脂上へのめっきでは特性的に対応できない案件に対して、エンジニアリングプラスチックが用いられるようになってきております。

エンジニアリングプラスチックへめっきをするためにはエッチング工程が特に重要であり、その樹脂にあった適切なエッチングがポイントとなります。


ポリアミド樹脂はナイロンとして知られ、ポリイミド樹脂に次ぐ優れた耐熱性から、自動車のエンジンルームの部品やシャンデリアなどに使用されています。

ナイロンはめっき用グレードが販売されています。


ナイロンはABS樹脂やポリカーボネート樹脂のように、硫酸・クロム酸エッチング液で処理するとナイロン中のアミド基とクロム酸が反応して、無電解めっきが析出しなかったり、めっき後ふくれが発生するなど不具合があります。

したがってエッチング液は塩酸系、あるいはヨウ素を用いる必要があります。


ナイロンにめっきする際の注意点

  1. 結晶性ポリマーであるため成形の依存性が大きく、バリ、ヒケが発生しやすい

  2. 吸水性が高いこと

  3. 加水分解を受けることなどの点に注意しなければなりません。


変性ポリエチレンオキシド樹脂(ノリル)は芳香族ポリエーテル樹脂を変性して作られる熱可塑性樹脂です。

ノリルはめっき用グレードがあり、硫酸・クロム酸のエッチング液で処理すると、樹脂の一部が選択的に溶解し、表面に凹凸が生じそのアンカー効果により密着性を持たせています。


ポリアセタール樹脂(POM)

ポリアセタール樹脂はジュラコン、テナックなどの名称で販売されており、結晶性の高い、熱可塑性プラスチックスです。

ポリアセタール樹脂はバランスのとれた機械的特性を示すので、金属機械部品との代替が期待されています。

ポリアセタール樹脂はナイロンの場合と同様、クロム酸のエッチング液では樹脂が分解し破壊されてしまうので、水酸化ナトリウムによるアルカリエッチングが採用されています。

ポリアセタール樹脂をめっきする上では、成形条件を十分に考慮すること、また成形した製品の残留ひずみを除去する目的でアニールすることが重要です。

現在、自動車ドアの取っ手や水栓用金具などに適用されています。


ポリカーボネート樹脂(PC)

ポリカーボネート樹脂は耐熱温度が140℃と高く、衝撃強度にも優れた、自己消火型の樹脂です。

エッチングはクロム酸エッチングの前に、ジメチルホルムアミドのプレエッチングが推奨されています。


ポリプロピレン樹脂(PP)

ポリプロピレン樹脂上へのめっきに関しては、かなり研究されていますが、化学的に安定で、ABS樹脂に用いられるクロム酸・硫酸の混合酸ではほとんどエッチングされない。

他のエンジニアリングプラスチックス同様エッチングされやすいような樹脂と共重合体にしたり、充填剤を加えたものがめっき用グレードとして市販されています。


一般グレードのポリプロピレン樹脂については、あらかじめキシレンやトルエン等の有機

溶媒で処理したのちクロム酸・硫酸の混合酸でエッチングし、導電化すると高い密着性が得

られます。


塩化ビニール(PVC)

塩化ビニール(PVC)はジメチルホルムアミド(DMF)で処理した後、スズ(Ⅱ)で感受性化しPVC表面に錯体を形成させ、さらに可塑剤も溶解させることにより、投錨効果を上げ密着性を向上させています。


その他のエンジニアリングプラスチック

その他各種エンジニアリングプラスチック上へのメッキに関しては色々な前処理方法が検討されているが、ほとんどの方法はクロム酸・硫酸の混合酸によるエッチング前に有機溶媒によるプリエッチング法を採用しています。

さらには非クロム酸型のエッチングプロセスとして,無水亜硫酸ガスを用いて各種のポリマーを処理し、ポリマー表面をスルホン化し表面を強力なイオン交換表面とし、一般的な触媒化、無電解メッキ、電気メッキするとクロム酸法によるエッチングで得られたものと同様もしくはそれ以上の密着性、外観を得る方法も開発されています。


また、ポリプロピレン樹脂にカーボンを充填して電導性プラスチックとし前処理なしで電気メッキする方法も開発されていますが、成形性があまり良くないことから普及していません。


無電解メッキは新しい用途として、電磁波障害(RMIまたはEMI)防止が検討されており、電子機器のハウジング内面を電導化して電磁波障害を遮蔽するのが目的です。

導電性塗料塗布法や真空蒸着法、溶射法など各種の処理が行われていますが、メッキ法は電波及び磁波を遮蔽するために最も確実な方法であり、銅0.5 ~1μm、ニッケル1~2μm行われています。




機能性メッキのご質問やその他のメッキ処理のお問い合わせメールはこちらからお問い合わせ下さい。


メッキ加工であなたの嬉しいを実現

 Connection(コネクション)

 URL: https://www.connection-fukui.com/

   アルミニウムへの無電解ニッケル専門サイト

 URL: https://mekki.design/

25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などありましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。