• connectionfukui

ニッケルめっき(パート2)

BOTTEGERがニッケルめっきの創始者であると言われていますが、

実際に工業的にニッケルめっきが行われたのは1869年のAdamsが初めてとされています。


その後、Westonによるホウ酸の添加、光沢剤としてのカドミウムの使用、アノード溶解促進剤としての塩化物の使用など多くのめっき浴が考案されました。


1916年には高速のニッケルめっきを可能としたWattsによる有名なワット浴が開発されました。


パート3に続く



ニッケルメッキの詳細はこちら

https://www.connection-fukui.com/nickel-plating



お問い合わせはこちら

https://www.connection-fukui.com/contacts

1回の閲覧

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などありましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。