• コネクション

物理エッチング無しでチタンへプラチナめっきできるんです。

更新日:3 日前

めっき加工であなたの嬉しいを実現。株式会社コネクションです。


チタンへのプラチナめっきを処理する際に、まだショットブラストなど物理的に素材を粗してからめっきを行なっていませんか?

チタンへの白金めっきを処理する際に、ショットブラストで素材表面を粗してからめっきを

行うメーカーは多くあります。

固体高分子形燃料電池に用いられるセパレーターの基材材料には金属系材料と炭素系材料に分けられます。金属系材料としては、チタン、ステンレス、炭素鋼などが用いられています。金属系材料は、金属特有の性質として加工性に優れ、セパレーターの厚みを薄くすることができ、セパレーターの軽量化が図れるという利点を有するが、金属表面の酸化により電気伝導性が低下するおそれがあります。このため、金属系材料からなるセパレーターとガス拡散層との接触抵抗が上昇し得ることが問題となっています。


セパレーターとガス拡散層との接触抵抗が上昇する対策としまして、チタン製セパレーター基材において、表面にプラチナなどの貴金属をめっきすることが提案されています。


チタンのセパレーターは表面粗さRSm(平均長さ)は、0.5〜5.0μmであることが好ましいとされています。

ショットブラストをチタンの表面に施してしまいますと、セパレーターの表面として好ましいと言われる表面粗さで処理する事ができませんので、ショットブラストなしでプラチナめっきを施す事ができる事は非常に有効です。


チタンへのプラチナめっきを施すのであれば、ショットブラストなしで直接チタンへプラチナめっきを施す事ができる弊社にご依頼頂くのが一番の近道です。


チタンへのプラチナめっきと言えばコネクションです。


物理エッチングを施さずに密着性を確保できる強み


物理エッチングなしでプラチナめっきを施す事で密着性が確保することができないメーカーがほとんどです。弊社では、物理エッチングなしはもちろん、厚膜でのプラチナめっきでの対応が可能です。


ビジネスにおいては、他社との差別化をどれだけ図り、ユニークな存在になれるかが非常に重要になる。しかし必ずしも他よりも複雑な事をする必要は無いんだ。世の中には面倒で複雑な問題で溢れている。そこで必要になるのはそれを解決するシンプルなビジネスソリューションだ。イノベーションをおこす事にためには全てを一から発明する必要は無い。既に存在するものやサービスに対して、ちょっとしたシンプルなアプローチで違いを出すだけでも、とても革新的な商品やサービスを造り出す事が出来る。 リチャード・ブランソン


めっきは知っているようで知らない。


図面などでめっき処理の処理名などは目にする事があると思いますが、ご利用頂くクライアント様皆様がめっき処理の事を全て理解されている事はまずありません。

わからなくて当たり前なんです。

めっき専業社に勤めていて製造を長年経験している方でも自分の担当以外のめっき処理の事を聞かれると答えられない事もあるんです。


めっき専業社でも自分の担当以外のめっき処理や工法は答える事ができない方もいるくらいですので、わからなくて当たり前です。お問い合わせいただければこちらから必要事項をお聞きしますので、お気軽にご連絡ください。




めっきの種類だけでなく処理方法も様々


めっき処理の種類だけでも無数にあります。しかも無電解や電解、化成処理などそれに加えラック処理やバレルめっきなどの処理方法も様々です。

それだけにとどまらず前後の加工や部分的なめっきなども考える必要があるんです。


めっき専業社に相談するのが1番!


めっき処理には無電解や電解だけでなく、どの金属を使っためっきを行うか?

どんな方法でめっきを行うかなど様々な事を整理する必要があります。

めっきの種類を確認などを確認したい方は以下のリンクを参考にしてください。


 めっき総合サイト



最後のアドバイスは、めっきの知識を身につけるよりもサービスを必要な時に必要な分だけ利用される方が貴重な時間とコストを抑えることに繋がります。

めっきに関するちょっとしたご質問でもお答えさせて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。




めっき処理メーカーを探すために使っていた御社の貴重な時間を弊社がサポートします。


御社の貴重な時間とコストをめっき加工先を探すことに使わずに、本来行うべき事に注力下さい。

本来注力すべき仕事に注力頂くには、めっき加工先を探すなどは弊社にお任せください。


弊社と他社の違いは、自社でめっき処理が出来る × めっきの協力会社を複数社提携 × めっき専業社への技術コンサル対応を行なっておりますので、他社でどのような処理が出来るかがわかるため、弊社の強みを活かし適切なメーカーを探します。



閲覧数:3回0件のコメント

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などございましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。