• connectionfukui

ゴールド(金めっき)

金は古来より金杯や装飾品として利用されており、紀元前1200年頃にはエジプトにおいて金箔の製造が始まったと言われています。


金めっきは古くから仏像などに施されていましたが、水銀を用いたアマルガム法により行われたものでした。


電気めっきは1800年頃にボルタ電池を利用して行ったのが初めてとされています。

JIS規格では金めっきは金含有率が99.9%以上の電気めっき、金合金めっきは金含有率が58.5%以上99.9%未満の電気めっきと区分されています。


一般に軟質である純度の高い純金めっきは軟質金めっき、硬度の高い金の合金めっきは硬質金めっきと呼ばれています。


こちらはアルミニウム(A1000番系)に電解金めっきを施したサンプルです。

金の特性である耐食性・導電性・意匠性など付与することができます。


お問い合わせはこちら

https://www.connection-fukui.com/contacts




0回の閲覧

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などありましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。