• コネクション

めっき加工であなたの嬉しいを実現、アルミニウム素材にニッケルボロン(Ni-Bメッキ)メッキを施しました。株式会社コネクション

更新日:1月1日

ニッケルボロン前の素材画像です。



ニッケルボロンメッキ処理した画像です。


無電解ニッケルボロンメッキの用途

一般的な無電解ニッケル-リンメッキとは別に、無電解ニッケル-ボロン(ホウ素合金)メッキがあります。還元剤にホウ素化合物を使うとニッケルボロン膜ができ、無電解ニッケル-リンメッキとは異なる特性が生まれます。


無電解ニッケルボロンメッキは、導電性、はんだ濡れ性、ろう付け性、ボンディング性、耐熱性、耐摩耗性、離型性、硬度、焼きつき防止などを必要とする部品に用いられています。


熱処理しなくても硬度が高く、熱処理すればさらに硬度が高くなる!!

無電解ニッケルホウ素(Ni-B)は析出状態で700HV程度、熱処理を行うと、最大1000~1300HV程度に達します。

無電解ニッケル-リンメッキは、析出状態で500~700HV、熱処理を行うと最大で950~1000HVとなります。

熱処理を行わなくても皮膜硬度が高いので、熱処理ができない製品に対応できます。


無電解ニッケルボロンのデメリットとは??

無電解ニッケル-リンメッキに比べて、還元剤が高価、安定性は悪いなどデメリットがございます。


まとめ

アルミニウム素材(A5052,A2000系,ADC12など)への無電解ニッケルホウ素(Ni-B)が可能です。

無電解ニッケルホウ素(Ni-B)の硬度は析出状態で700HV程度、熱処理を行うと、最大1000~1300HV程度に達し硬質クロム同等の硬度が得られます。


析出時でもHV700程度と非常に硬いことから、熱処理ができない製品に関しても、析出状態のままで非常に優れた皮膜硬度を得ることが可能です。




めっきに関するお問い合わせやご質問などございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。



メッキ加工であなたの嬉しいを実現

 株式会社コネクション

 

 めっき総合サイト

 URL: https://www.connection-fukui.com/

   アルミニウムへの無電解ニッケル専門サイト

 URL: https://mekki.design/

閲覧数:68回0件のコメント

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などございましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。