• connectionfukui

アルミニウムの陽極酸化処理条件

最終更新: 2019年11月15日

アルミニウムの陽極酸化処理(アルマイト)の処理条件です。


電流密度と電解時間でアルマイトの膜厚が決まります。

アルマイトは素材であるアルミニウムを溶解しながらアルマイトの皮膜Al2O3を生成するのですが、

ある一定の膜厚に到達すると溶解する速度の方が早くなり、結果、それ以上膜厚が成長しない

(限界膜厚)というものが存在します。



アルミニウムの材質にもよりますが、だいたい100μmが限界膜厚となります。



アルマイト以外のメッキ処理であれば、100μm以上処理することが可能ですので、

例えば削りすぎて修正が必要などもメッキで修正することが可能です。



メッキであなたの嬉しいを実現

https://www.connection-fukui.com/




3回の閲覧

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などありましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。