アルマイトの硬さの違い

更新日:8月31日

アルミの陽極酸化『アルマイト』には普通アルマイトと硬質アルマイトの2種類がございます。

字の如く硬質アルマイトは普通のアルマイトに比べ硬い皮膜となります。


普通アルマイト硬度・・・HV250程度

硬質アルマイト硬度・・・HV400程度となります。


数値で表現してもわかりにくいかと思いますので

普通アルマイトでステンレス同等の硬さになります。


アルミは柔らかいのですが、アルマイト処理を施すことで表面を固くでき、

傷や腐食などから守ります。


その硬さの違いですが、他のメッキの場合析出粒子を細かくするや合金にするなどで

メッキ皮膜を固くしていますが、アルマイトの場合他のメッキ処理のような事ができません。

同じ処理液で作業条件を変える事で硬さを変えることが可能です。


簡単な硬さの差のメカニズムはこちらです。




機能性メッキのご質問やその他のメッキ処理のお問い合わせメールはこちらからお問い合わせ下さい。


メッキ加工であなたの嬉しいを実現

 株式会社コネクション

 

 めっき総合サイト

 URL: https://www.connection-fukui.com/

   アルミニウムへの無電解ニッケル専門サイト

 URL: https://mekki.design/



5回の閲覧0件のコメント

​お問い合わせ

メッキ加工・表面処理加工においてのご相談などございましたら、

お問い合わせフォーム、または下記お電話先にお気軽にご連絡ください。

​受付時間 9:00~18:00

​お電話でのお問い合わせ

090-6819-5609

お問い合わせページへ飛びます。