top of page

めっき加工であなたの嬉しいを実現、知っていますか、ABS樹脂材料にメッキ処理できるんです。株式会社コネクション



ABS樹脂素材へのメッキプロセス

  1. 浸漬脱脂

  2. エッチング(樹脂表面に凹凸を形成する。)

  3. 中和

  4. キャタリスト(触媒となるパラジウムを表面に吸着させる。)

  5. アクセレーター(パラジウムを活性化する。)

  6. 無電解ニッケル

  7. 各種目的のメッキ


ABS樹脂へのめっきの工程をご紹介しましたが、その他ポリプロピレン(PP)やポリカーボネイト樹脂(PC樹脂)なども工程を変えることによってめっきが可能です。


トップの画像はポリカーボネートへ弊社にて処理した画像になります。

左から素材、無電解ニッケルメッキ、電解ニッケルメッキを施した製品になります。


金属素材へのプロセスに比べABS樹脂やその他の樹脂素材へのメッキプロセスは金属へのメッキ処理に比べ2倍~3倍工程が増えることから、同じ製品サイズであっても処理代が増加する原因となります。


また、樹脂材料への前処理でパラジウムの使用が必須となることもコストアップの原因の一つです。


まとめ

工数が金属へのメッキ処理に比べ、樹脂材料へのメッキ処理を行う場合の方が多いこと、高価なパラジウムの使用が必須である。

これらの事から金属材料へのメッキ処理に比べコストUPに繋がります。


ただし、樹脂材料でありながら金属の特性をメッキ処理で加える事が可能など

各種の付加価値を樹脂材料へ付与する事が可能であるため、各種樹脂材料へのメッキ処理が検討されております。


リサイクルなども含め今後も樹脂材料へのメッキ処理の需要は広がっていくものと考えられます。



めっきに関するお問い合わせやご質問などございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。



メッキ加工であなたの嬉しいを実現

 株式会社コネクション

 

 めっき総合サイト

   アルミニウムへの無電解ニッケル専門サイト


Comentarios


​無電解ニッケルめっき、テフロン無電解複合めっきなど
お気軽にご連絡下さい。
ご相談、お見積りは無料です。

​(受付時間 9:00〜18:00)

お電話でのお問い合わせはこちら

bottom of page