メッキ処理

 

多数のメッキ処理皮膜がございます。connectionで行えるメッキ処理のラインナップをご紹介しております。

ラインナップにないメッキ処理などもお気軽にご相談ください。

 
IMG_3174_edited_edited_edited_edited.jpg
無電解ニッケルメッキ皮膜は電気を使わず、金属皮膜を金属や非金属の表面に形成する方法です。寸法交差の厳しい製品や耐食性、耐摩耗性を必要とされる製品に対し有効な処理です。​
1221004_s.jpg
テフロン無電解複合メッキ(無電解テフロンメッキ)は型離れ性、撥水性、汚れ防止性、滑り性、摺動性などテフロンの特性と金属の硬さや耐食性の特性を併せ持つメッキ皮膜です。
IMG_3360.jpg
ニッケルメッキは耐食性がよく、機械強度も優れています。
その事からニッケルメッキは装飾めっき、機能メッキ(耐熱性、耐摩耗性、ハンダ付け性)など幅広く使われております。
mekki.jpg
suzu.jpg
硬質クロムメッキ皮膜(工業用クロムメッキ皮膜)は、非常に硬く、耐摩耗性に優れたメッキ皮膜です。
自動車、オートバイなどの各種部品や、成形用金型、ローラ類などの工業製品などにおススメです。
金属材料としてスズメッキは人体に無害なので食器・缶詰用薄鋼板などの人の口入る物や食べ物の容器などにおススメです。
また、はんだ付け性も良いため、電気部品や電線などにもおススメのメッキ皮膜です。
銅メッキ皮膜は電気伝導性、熱伝導性、展延性に優れています。
また、工業的用途にはプリント配線板、精密電鋳、印刷ロール、銅箔の製造、浸炭防止など幅広く利用されております。装飾的用途にはニッケルメッキの下地めっきなどに利用されています。
gold3.jpg
金メッキは古来より意匠目的で仏具やアクセサリーなどに使用されてきたメッキ皮膜です。また、極めて高い耐食性、低い接触抵抗を兼ね備えていてプリント基板、電子部品、半導体にも利用されています。
1.jpg
IMG_4612.jpg
パラジウムメッキ皮膜は主に金メッキの下地に使われる白銀色の皮膜です。
金属アレルギー(ニッケルアレルギー)対策にもなるため装飾目的に活用されています。
パラジウムは面心立方構造の貴金属で、熱的および化学的な安定性に優れています。
ニッケルを合金化することにより、硬く展延性に優れ、尚且ピンホールなどの欠陥が少ない耐食性に優れためっき皮膜が得られます。
youkyoku3.jpg
アルミニウム素材専用の表面処理です。
アルミニウムの装飾、防食、耐摩耗など色々な目的に使用することができます。
​様々な色への着色が可能ですので、アルミ素材をお好きな色へ装飾することが可能です。
1.jpg
アルミニウム素材専用の表面処理です。
皮膜硬度はHv400程度とステンレス以上の硬さを得ることが可能です。​
硬質陽極酸化皮膜の微細な孔にテフロン(PTFE:ポリテトラフルオロエチレン)などを充填するで硬質アルマイト皮膜に付加価値を加えることが可能です。
IMG_3840.jpg
艶消しの黒色皮膜で匠性や乱反射防止の光学系・半導体製造機器等の処理に適したメッキ皮膜です。アルマイト処理が困難な素材にも処理が可能で、バイク部品やカメラ部品にもおススメです。
toughness2.jpg
防錆皮膜『タフネス』は、長期の耐食性が特徴です。
​ただ長持ちするだけでなく、素材とめっき皮膜の間に合金層が形成されるため、剥がれることがありません。
Silver-mirror2.jpg
銀鏡皮膜は電気を使わないので、金属だけでなく、樹脂素材にも対応可能なめっき被膜です。
カラーバリエーションも豊富で、金属光沢のある様々な色を表現可能です。
dentyaku2.jpg
電着塗装皮膜は、ムラのない均一性の高い塗装が可能な塗装皮膜です。
ロット内の色のバラツキが少ないため、大量生産が必要な製品への処理におススメの塗装皮膜です。
バフ研磨は職人が1点1点を手作業で磨き上げ、細かな傷を取り除きます。
​一般的な金属からチタンなどの難素材、樹脂素材などの研磨も可能です。
銀は金属中で最も優れた電気および熱の伝導率を有することから、電気・電子部品などに使用されてきました。また、潤滑性のあるため、発電、船舶、ジェットエンジン、電車、自動車などのベアリング、メタル軸受けに活用されています。
​リューブライト(リン酸マンガン、リン酸亜鉛)は主に塗装の下地として利用されていますが、油保持性や絶縁性など今まで注目されてこなかった特性が色々ございます。
最新ブログ情報ー​メッキ加工
イメージ.jpg

​お問い合わせ

表面処理加工(メッキ処理、コーティング、研磨、熱処理など)のご相談はメール、お電話にてお気軽にご連絡ください。

​ご相談、お見積りは無料です。

​受付時間 9:00~18:00      直通電話 090-6819-5609