防汚性・非粘着性

 

防汚性とは汚れを防止する機能のことを言います。

汚れがつきにくく、汚れがついても簡単に除去する事ができます。

非粘着性を有するものとして、金属表面上が低表面エネルギーの表面物性を持っていなければなりません。

この目的には、粘着エネルギーの低いフッ素高分子:PTFEやフッ化黒鉛をニッケルメッキ浴に分散させ、共析させる複合メッキが有効です。

このメッキ表面が低表面エネルギーとなり、非粘着離型性の表面特性を持つものに改質されます。

プラスチック成形金型では、樹脂材料をキャビティ面に流し込み硬化させるため、型離れ性の良い表面処理が求められます。

硬質クロムメッキ(工業用クロムメッキ)は皮膜硬度が高く、耐熱性、耐食性が優れていることから古くから金型に適用されてきました。

しかし、エンジニアプラスチックの開発、成形温度の上昇における耐熱性、ハロゲンや添加剤などによる腐食などが課題となり、非粘着性、自己潤滑性の特性を有するフッ素高分子(テフロン)含有の無電解複合ニッケルメッキなどが使われるようになり、樹脂成形金型、金属プレス金型、押ダイスなどで適用されています。

 
​【防汚性・非粘着性に有効なメッキ処理】
テフロン無電解複合メッキ

 

自己潤滑性・非粘着性の高いフッ素高分子(テフロン:PTFE)と金属の持つ機能性を併せ持つ無電解複合メッキです。

射出成形ノズルや樹脂成形金型などに使われております。

硬質クロムメッキ

 

硬質クロムめっき(工業用クロムめっき)皮膜とは、青みがかった美しい銀白色の色調をもつ皮膜で、大気中で非常に優れた耐食性を持つ皮膜になります。

無電解ニッケル

 

無電解ニッケルメッキ(electroless plating)の皮膜はニッケルベースの皮膜に数%リンを含むニッケルーリン合金で、電気メッキで得られるニッケルメッキ皮膜に比べて硬く、耐食性に優れた皮膜になります。

イメージ.jpg

​お問い合わせ

表面処理加工(メッキ処理、コーティング、研磨、熱処理など)のご相談はメール、お電話にてお気軽にご連絡ください。

​ご相談、お見積りは無料です。

​受付時間 9:00~18:00      直通電話 090-6819-5609