貴金属メッキ処理

​コネクションでは純金メッキ(24金メッキ)、銀メッキ、純パラジウムメッキ、パラジウムニッケル合金メッキ(ニッケルパラジウム合金メッキ)、ロジウムメッキなど各種貴金属メッキをご用意致しております。

​特に貴金属の厚付メッキを得意としております。

金メッキ(Au)

銀メッキ(Ag)

パラジウムメッキ(Pb)

パラジウムニッケル合金メッキ(Pb-Ni)

​その他の貴金属メッキはこちらからお問い合わせ下さい。

金メッキの特徴

金メッキは耐食性に優れ、電気抵抗は銀の次に小さく、熱伝導も良好で高温でも使用できるなど、信頼性につながる優れた特性をもっていることと、さらにシリコンと共晶による接合が可能です。

金めっき(24Kめっき)は最大膜厚10μmまで処理実績がございます。

銀メッキの特徴

​銀メッキは金属中で最も優れた電気伝導率で、毒性が低く抗菌性を有しています。 

このように銀は多岐にわたる優れた特性を有している事から、各特性に応じた多くの用途展開があります。

銀めっきは最大膜厚15μmまで処理実績がございます。

パラジウムメッキの特徴

パラジウムめっきは、白金族特有の高貴な色調を保ち、大気中では不錆、不変色、化学的安定度が高く酸及びアルカリに侵されない特性があります。

また、ビッカース硬度は250〜400HVで、ニッケルメッキと同等の硬さを有しています。

実績最大膜厚4μm​

​クラック等もなく厚膜処理対応が可能です。

パラジウムニッケル合金メッキの特徴

銀色の外観で、電気伝導性、低接触抵抗の皮膜で、パラジウムに20~50mass%のニッケルを合金化することにより、硬く展延性に優れ、尚且ピンホールなどの欠陥が少ない耐食性に優れためっき皮膜が得られます。

 
最新ブログ情報ー​メッキ加工
ロゴ.jpg

株式会社コネクション

メッキ加工(金メッキ、銀めっき、パラジウムメッキ、無電解ニッケルめっき、テフロン無電解複合めっき)などお気軽にご連絡下さい。

​ご相談、お見積りは無料です。

​〒910-3635 福井県福井市志津が丘4-202-5(Japan)

​受付時間 9:00~18:00 

直通電話 090-6819-5609

Science_edited.jpg